見出し画像

『孫子』に学ぶリーダー論

『最高の戦略教科書 孫子』を読んでいる。
『孫子』といえば2500年も読み継がれる兵法書である。

その中で「将軍の条件」について書かれている部分を紹介したい。現代でも通じるように言い換えるのなら「組織のリーダーの条件」ということになる。

その条件は5つ
①信義……部下から信服されること
②仁慈……部下を思いやること
③威厳……部下から恐れられること
④知謀……先を見通し、謀略を駆使できること
⑤勇気…実行力
①〜③は組織をまとめあげるのに必要とされる内向きの器量
④、⑤は競争相手に勝つために必要とされる外向きの器量

これら5つすべてを

バランスよく

備えていることがリーダーには必須とされる。

…………

リーダーのハードル高くない?

そう思った。

実際には5つの条件のうちどれかに偏っている人が多くいると思う。例えば自分には③が足りないとか、②だけなら誰にも負けてないのになあとか etc.

このような場合は自分の足りない部分を補ってくれるパートナーを見つければいい。

この本では、HONDAの本田宗一郎と藤沢武夫、SONYの井深大と盛田昭夫の名コンビを紹介している。

Appleも2人のスティーブと呼ばれるスティーブ・ジョブズとスティーブ・ウォズニアックという名コンビがいた。

『孫子』で提示される5つの条件。自分ひとりで越えられないハードルであるならば、互いを補い合えるパートナーと一緒にってことらしい。

この『最高の戦略教科書 孫子』には、実際の『孫子』の中身を説明しながら現代のビジネスにそれがどう活用できるかを解説してくれている。面白い。

最高の戦略教科書 孫子 https://www.amazon.co.jp/dp/4532169259/ref=cm_sw_r_cp_apa_i_949ADb33WR775

#16

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

10

kazunari

大学生3年生 感性創造 音楽をやっています

コメント2件

次に読む本を探していたので読んでみたいと思いました✨
ツミアゲ書店さん
コメントありがとうございます!
嬉しい言葉です!ぜひ読んでみてください!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。