見出し画像

Part 5 つわりは病気じゃない

Child care and Self care of ui

Part 5 つわりは病気じゃない......?

つわりは病気じゃないんだから....。

周りの経験者たちからの言葉に
打ちのめされた....

ずっとは続かないから.....

我慢....我慢.....

我慢、我慢。

我慢.......。

がまん....がまん....がまん.....

呪文のように自分に暗示をかけていた。

..........

しんどすぎて....我慢は出来なくなった。

あれだけ我慢することを、
いいことだと思って生きてきた私が、
我慢出来ないほどの気持ち悪さは、
人格を否定されたような....
はたまた自己否定のような....
言葉では説明がつかないほどの
不甲斐なさと、やり場のない怒りで、
私の心をいっぱいにした。

大したことではないように言う人や、
わからないけど同情してくれる友達たちに、
恨みの心が出てきたりした。

びっくりした。

けれど、当時の私は
そんな気持ちが自分の中にあることを
認めたくなくて、蓋をし続けた。

私がそんなこと思うわけない。
こんなこと考えるのはよくないこと。
こんな感情、嘘だ。

そうやって自分自身をどんどん追い詰めていった。

人としてありえないこと....。

当時、私はよくそんな言葉も口にしていた。

“人としてありえない.....。”

そんな言葉をよく使い、
正義を知らず知らずのうちに、
振りかざして生きていた。

なかなか気持ちをわかってくれない主人にイライラした。
「赤ちゃんいるんだから、母親になるんだから、
当たり前のことだね」とふざけて、
茶化す実家の父親の電話を無言で切った。

誰かに同情してほしかったのか
誰かと思いを共有したかったのか

いや、今から考えると、
あの時の私は.....しんどいということを
ただ自分で認めたかっただけだったのだと思う。

ただしんどいと....辛いと思う自分を
自分自身でしんどいねって、辛いねって。

他の誰でもなく自分さえ自分の本当の気持ちに
寄り添えばよかったのだけど、
当時の私はその自分の中の叫びのような
悲痛な声も蓋をし続け、否定し続けた。

自分の中のいい人を生きるために.....。

アイスブルー

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

お読みいただきありがとうございます。

ui

9歳の娘と3歳の息子がいます。日々子どもたちと向き合う中で子どもたちに自分自身の様々な心の動きに気付く機会を与えられていると感じています。子育てを通して変わっていく自分自身の記録を書いています。ハワイの叡智 SITHホ・オポノポノを日々実践して7年になります。

Child care and Self care of ui

都会の真ん中、うつ病だった主人、孤独な子育てから、育児ノイローゼになった妻。子供の頃から、いい子にならなければ!と生き続けた結果、子育てで大きな壁にぶち当たる。心を病む夫婦がどん底から、自分自身の人生を楽しむように生きる生き方を知るきっかけをくれたのは、娘だった.........
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。