見出し画像

お仕事のご依頼について

0.はじめに

 お仕事のご依頼を検討いただきましてありがとうございます。一般的な商材とは異なりますのでいろいろと齟齬が生じがちです。双方の時間および労力を無駄にしないためにもご一読いただけますようお願い申し上げます。以下がカエルンの根本です。

1.ご依頼いただくまでの流れ

●スケジュールを確認する
●連絡する
●打ち合わせで詳細を決める

 スケジュールのうち「調整可能」となっているところが現状では空いております。また、平日の9:00~17:00ですが2週間先であれば調整可能です。

2.ご依頼いただける内容(お請けできる業務)

 カエルン(うじさかえる)にできることは今のところ以下の4分野です。

●ファシリテーション/MC
●グラフィック・レコーディング
●ビジュアル・ファシリテーション
●ワークショップデザイン
●プライベートレッスン

 カエルンが自分の意志で赴いたものは基本無料です。

2.1.ファシリテーション/MC

 参加者全員で学びあうワークショップのファシリテーターをします。ワークショップの内容は全てオリジナルです。(参加者とは対等な関係でいたいのと、教員免許等はありませんので先生とは呼ばないでください。)

2.1.1. お手本を時間内にそのまま描き写すことでより速く/より分かり易く/より楽しく・楽に描くを身に付ける #グラレコ写経

(概要)
ビジネスにもビジュアル化の浸透は進んでいます。記録としてのグラレコ、イラスト化させて共通認識を深める会議方法、 プレゼンでもイラストや画像を利用し人に伝える手法が注目されています。 もちろん、UXの業界でもストリーボードでユーザー体験をビジュアル化して利用しています。今回は、素早く描く方法とビジュアル化のための基礎を学んでいただきます。 ”絵心がないの”と諦めていた方もご参加いただける内容です。

(フォーマット)ワークショップ #グラレコ写経 60分~120分
(持ち物) A4コピー用紙(もしくはA5の手帳など)、水性マーカー(黒、オレンジなど)
(ツール) 「対話のことば」パターンランゲージ
(事例)ビジネス・UXに役立つビジュアル化ワークショップ:基礎 - connpass
(その他)スピーカーを自分で持ち込んで音楽をかけます。音を出すと問題がある場合はあらかじめ連絡をお願いいたします。

 直近のものは以下のものがあります。上記条件を守り参加者を集めていただければ別途開催することも可能です。

【例】《UX DAYS TOKYO主催》ビジネス・UXに役立つビジュアル化ワークショップ:基礎

※満席が予想されます。お早めに申し込みください。満席でも次の会が設定されている場合もあります。ご確認ください。

2.1.2.  より速く/より分かり易く/より楽しく・楽に描くコツを身につける #グラレコ写経 とは何か(30分で自己紹介)

 #グラレコ写経 ワークショップは約2時間かかりますが、30分でそのエッセンスだけをご説明いたします。簡単なワークも含まれます。スライドは後で読むことが前提となっており書いてないことを結構喋りますのでご注意ください。


2.1.3. はじめての人でもアイデアが出る「なぞかけ」ワークショップ #コミュニティ中心設計

(概要)
 仲間と一緒にアイデア出しをしたがうまくいったことがない。そんな思いをした人は多いと思います。ビジュアル・ファシリテーションの手法を理解/分解/再構成し、4つの役割、8つのステップに分解することで誰でもアイデア出しができるワークショップができました。強制発想のすごさをご体験ください。

(フォーマット)ワークショップ #コミュニティ中心設計 120分
(参加者) 1チーム(4~6名)
(持ち物) 付箋紙、水性マーカー、A3コピー用紙(もしくはそれ以上の模造紙) or ホワイトボード
(ツール) 「対話のことば」パターンランゲージ等
(費用) 実費+αとなります。研修プログラム化、ファシリテーターの育成等はご相談ください。

  以前開催したイベントの告知はこちらです。

 イベントでしているプレゼンテーションはこちらになります。

2.1.4. ビジュアル・ファシリテーション

 大事な打ち合わせ、会議にお呼びください。効率的な会議になるように発言内容をどんどんビジュアル化していきます。(以下は2時間の打ち合わせの例です。)

2.2. グラフィック・レコーディング

 小さなもの(手帳、ノート)から大きなもの(四六判、ハトロン判)まで様々なサイズにリアルタイムで描きます。以下のものにお使いいただけます。

1. 模造紙などに描く(イベント直後の参加者の振り返り、イベント記録、講演者へのフィードバックなど)
2. ビジュアル・ノート・テイキング(参加者の振り返り、参加できなかった人へのプレゼント、宣伝・広報など)

(特徴)
15秒あれば似顔絵が描ける、たいていのものは見たまま描ける、ゆっくりと語りかけるものであればほぼ100%、会話風でちょっと早いモノでも70%程度は書き出せる処理能力の高さが自慢です。

 デスマーチに陥りそうな数億円規模の案件の立て直しなど現場たたき上げらしい実践経験があります。様々な立場、経験のある人が集まった場合の目線合わせができます。プロジェクトマネージャ試験、ITストラテジスト試験等の情報処理技術者試験にも合格しており、システム開発に関しては土地勘があります。

 また様々な分野について関心を持っておりキーワードを拾う能力もあります。どのような分野に関心があるかは本棚をごらんください。

(本棚)カエルン - グラレコとワークショップデザイン (宇治茶更) - ブクログ

(得意分野)
●ソフトウェア開発、情報通信機器開発、サービス開発などの経験があります。
●自閉症スペクトラム、発達障害、依存症に関しては当事者に対する理解とコミュニケーションスキルがあります。
●グラフィック・レコーディングの自らのスキル開発、他者への教育を通じて得た人間の認知に関するノウハウ、スキルがあります。

(ポートフォリオ)

2.4.ワークショップ・デザイン

 見ず知らずの2~10名が集まって時間内に何らかの結果を出す、というタイプのワークショップのデザインが可能です。

 ワークショップを創るところからはじめます。できるまでは交通費、資材費等実費のみで構いません。

 出来上がったワークショップに関しては、有料で行うものに関してはレベニューシェアにしていただくことが基本です。また、無償のものに関しては、貴団体の支払い能力やそのワークショップの効果等に基づきご請求をさせていただきます。

2.5.プライベートレッスン

 以下のプライベートレッスンを開催しております。

3.注意事項(お請けしない仕事など)

 イラスト「だけ」のお仕事はお断りしております。具体的に言います「こういう挿絵が欲しい」という指示のもとで描くような場合です。イラストだけを請負方は多数いらっしゃいますのでそちらをご検討ください。

 一方「何とか分かりやすく伝えたい」「どうすれば良いかアイデアが欲しい」という相談については積極的に受けたいと思います。フィーについては例えば書籍等当該制作物によって収益が発生する場合にはレベニューシェア(割合等は別途相談)でお願いします。それ以外の場合は下記の「4.報酬等」に準じてお願いいたします。

 詳しくは下記の記事をご覧ください。

4.報酬等

 以下を参考程度に確認の上、メール、SNSのメッセージ機能等で構いませんので連絡をいただけますと幸いです。

 160万円/日が基本です。税・諸経費はこれに含まれません。値引きはございません。(現在キャンペーンを行っており80万円/日です。)

 1日8時間と考えており2時間を最低拘束時間として1日分の報酬を割ることは可能です。(キャンペーン適用で10万円/時です。)

 ただし「ブラックジャック(手塚治虫さんの漫画)」方式となっており、報酬ではなく謝礼としていただくケースや実費のみの無報酬で対応する場合があります。

4.1. 業務として請け負う場合

 当方にメリットがあることに関しては別途ご請求ください。支払いは相殺後の金額で結構です。当方へのメリットとしては以下のものを想定しております。

 ●CDO(Chief Doodle Officer)として貴社経営に参画
 ●継続的な仕事の約束
 ●他社(経営者)への紹介
 ●経営者への紹介
 ●PRでの「楽描人(らくがきじん)カエルン」明記
 ●企業広報(外部向け)
 ●社内向け広報
 ●当方サイトでの広報(実施内容が分かる写真等があると望ましい)
 ●当方サイトでの社名/業務名称もしくは概要の紹介
 ●業務実施時の当方作業の代行
 ●その他

4.2. 皆さん応援枠(ボランティア)

 営利追求ではなく実費を参加者より集めて行われる各種ボランテイア活動、義務教育および幼稚園・保育園・乳児の育児に関する件に関する営利企業からの依頼でない場合、疾病・家庭環境に問題がある場合、自助グループなどからの依頼に関しては、実費のみとし役務を提供することがあります。まずはご相談ください。

4.3. カエルン応援枠(SNS等でのPR/広報)

 個人もしくは有志団体で「お請けできる業務」に該当するものをしたい場合はこちらに当たります。実費(宿泊費/旅費/当日使用する資材費等)については貴団体等でご負担ください。謝礼については歓迎いたします。謝礼額については、一人当たり2千円~5千円程度でお見込みいただければと思います。

 こちらの適用の場合は以下の条件があります。(1) 意見交換/懇親時間を30分程度組み込むこと。(2) SNS(ブログ、InstagramFacebookTwitter等)で参加者それぞれが発信すること。発信の際にはそれぞれのアカウントにメンションを送っていただくこと。

 Instagram @ujisakaeru
 Facebook @ujisakaeru3 (個人)
 Facebook @Kaeru3RR (Facebook Page)
 Twitter @ujisakaeru

5.連絡先等

《メール》 ujisakaeru★outlook.com ※★を@に読み替えてください。  

6.改訂履歴等

 ●2019/07/19:「4.報酬等」の内容変更(実質値上げ)、「4.2.皆さん応援枠(ボランティア)」(対象の拡大)
 ●2019/06/15:「3.注意事項(お請けしない仕事など)」の内容変更
 ●2019/02/24:SNS等でのPRを前提とした謝礼対応を追加


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

共創を通じより楽しく/楽にモノづくりができる世界、絵を描くことが当たり前の世界を創っていきます。自ら描く、描く人に教える、教える人に教える。

Thank you so, so much!
5

カエルン(楽描人:らくがきじん)

On-air doodler, No.1 visual practitioner in the universe. We, earthian are sharing a wonderful time with us through the power of design.

楽描人(らくがきじん)に大切なこと

楽描人(らくがきじん)に大切な3F(より早く: FAST、より分かり易く: FINE、より楽しく/楽に: FUN)について、日々の実験やイベント/書籍等から受けたインスピレーションなどをつづっています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。