ハーブのある暮らし=丁寧な暮らし? という疑問

以前こちらの記事で、ハーブや精油を使った生活をしていると、「丁寧な暮らし」をしている人と思われがちという話を少ししました。

この「丁寧な暮らし」という表現は、私も自身のInstagramでハッシュタグとして使ってみたこともあるのですが、使うたびに少しムズッとするような居心地の悪い気持ちになっていました。

この違和感について、ここのところずっと考えていました。まだ文字にするにはまとまりきっていないところもありますが、自分の感覚を残しておきたいので、このテーマについて書いてみようと思います。

そもそも何を持って丁寧とするかは、大切にしているものが人によって全然違っている以上、画一的に「こういう暮らし」と決めることはできないはず。それなのに、「丁寧な暮らし」として取り上げられるイメージは画一的であるように感じるようになったことが、ムズッと感の根底にあるようです。

画一的であることを別の側面から考えると、多くの人が抱く「憧れ」を具現化しているような一部分だけが、「丁寧な暮らし」の代表として一人歩きしていると言えるかもしれません。「暮らし」という地に足のついたものと「憧れ」がミックスしているズレ感が違和感となっているのかもしれませんが、これはまた別のお話なので今回は深追いしないことにします。

例えば、「食事は出来るだけ良い素材を使って自分で作りたい」人にとっては、「手作りのご飯が並ぶ食卓」が丁寧にしたいことの一部でしょう。でも、「家事は極力効率化して、子供と遊んだり読み聞かせをしたりする時間を大切にしたい」人だったら、子供と今日読む絵本を選ぶ時間こそが丁寧でありたいと思う時間であって、その裏にはお惣菜や簡単調理キットをフル活用した時短料理が並ぶ食卓があったりするかもしれません。逆に、手作りの食事にこだわる最初の例の人の家では、子供は一人で遊んでいたり、テレビを見たりして食事ができるまでの時間を過ごしていたり。(あくまでも私が勝手に想像する例のお話です。)

誰だって、大切にしたいことはあり、丁寧にしたいことはあります。もちろん全てに理想の形はあるでしょうが、全てを完璧にできる人なんてほとんどいないでしょうから、優先順位をつけて生活を作っていくわけです。その中で、その人なりの「丁寧にしたい部分」も自ずと出てくるはず。つまり「丁寧な暮らし」はその人の大切にしていること、時間をかけようと決めたことのスナップショットでしかないのだと私は思うのです。

だから、私が大切にしたいこと(例えば、ゆっくりとハーブティーを飲む時間)だけを切り取って「丁寧な暮らし」と特別なことのように言われることにむず痒さを感じるのでしょう。

私はもともと植物が好きで、化学が好きで、植物の化学成分に興味を持ち、その流れでアロマやハーブを生活に取り入れてみようと思っただけのマニアでしかないと思っています。もちろん、そこに様々なメリットを感じたので、ハーバルセラピストとして、またライターとして広めたいとも思っていますが、基本的にはただ好きでやっているだけの人でしかありません。

そして、多くの人には私にとってのハーブのように、好きでついつい時間をかけて向き合ってしまうものがあるはずで、その時間を切り取ったら、その人にとっての「丁寧な暮らし」が浮かび上がってくのだと思うのです。

今、「丁寧な暮らし」はInstagramを代表として、憧れのライフスタイルの一つになっていると感じていますが、そんなものは今更追いかけなくてもみんなできているから大丈夫!と声を大にして言いたい!のです。

インスタグラムのハッシュタグを検索すると、#丁寧な暮らし はものすごい数が出てきますが、個人的には #暮らしを楽しむ というタグの方が好きで、最近はもっぱらこちらです。#丁寧な暮らし のタグをつけると、アロマセラピーやハーブに興味のある人に見てもらいやすいというのはあるのですが、つけるたびに「#丁寧な暮らし …ってなぁ…」と思うってしまうので、やっぱり私には向いていないようです。私のこの感覚にフィットしつつ、アロマセラピーやハーブに興味がある人とも繋がりたい、しっくりくるハッシュタグをずっと考えているここ最近です。(難しい!!)

加えて言うと、私にとって精油やハーブという植物の恵みを生活に取り入れることは、丁寧にした結果というよりは、「こっちの方がシンプルで楽!」という、ある種ズボラな一面による選択という一面もあるのです。だからこそ、尚更「丁寧」と言われるとむず痒い気持ちになるのですが… なぜズボラな選択なのか?というお話はまた次回に。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

Yukari

キャリ・アデザイン と ライフ・デザイン

パラレルキャリアを実現するための日々の記録
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。