【儲かりまっか】1年間副業でキッチンカーした結果【ぼちぼちでんなー】

こんにちは。副業キッチンカーのさめすけです。

更新までだいぶ日が空いてしまいました。大丈夫です、生きています。年末に予定を入れすぎたり事故したり引っ越したりしましが、お陰様で2019年も元気に過ごせています。

最近「キッチンカーやりたい!」という人や「どうやって運営してるの?」ご質問がありがたいことにちょくちょくいただきます。今でも最初の方に書いた「土日限定キッチンカーを始めたら月商200万を超えた会社員の話 」が継続的に読まれていて、キッチンカーの需要が大きくはないが定常的にあると感じているので、できる限りで副業でキッチンカーを自分の中の整理も含めて2018年どうやって運営してきたかを事実をもとに感想を書いていこうと思います。

普段お金のこととかを話すのはあまりないんですが、これから業界に参入する人のためにも(そして自分のためにも!)可能な限りリアルに記しておこうと思います。

当初の目標

2017年の9月にキッチンカーを立ち上げ、2018年に年が変わるタイミングで事業自体が継続できそうでした。やるからには目標を、と思い何にしようと考えていたところ、「一つの事業として始めるからには勝たなければいけない!」と偉大な先輩に教わったので「売上をあげる」ということを目標にしました。

もう少し詳しく書くと、自分の中の目標として、2018年は「月に〇〇円(車くらい)売上を達成する」を決めました。今年の売上が来年の参考になると思ったのであえて上限は決めずに月ごとに「前の月を超えるように」という気持ちでやっていきました。

もちろん、常連さんを作る、色んな人に阿波黒牛を知ってもらう、という事業の目的はありましたが、売上を追うことで副次的に達成できると考え利益や効率など他のことはあまり考えずひたすら売上だけを追ってきました。

前置きが長くなりましたが、こんな目標感でやっていたので念頭において読んでもらえると読みやすいかと思います。

出店日数

少ない月:6回 多い月:14回

平均月8回くらいは出店していました。1日暇!って日は月1回あったかなかったかって記憶が残っています。

基本的にはレギュラーの出店が2つ、月1で出店する現場が2つ、プラス出られれば突発的な現場、のような形で出店。

今考えると、平日働きながらの稼働としては恐ろしい出店数ですが当時は「平日は頭使って、休日は身体使って、使う部分違うとそんな疲れないな」と思いながら働いてました。さすがに出店が多い月は準備することが多すぎて疲弊して、これあとどれくらい続くんだっけ!?と思わず考えてしまった思い出も。

接客やモノを売ること自体が嫌いではなかったので、出店自体が苦になったことはありませんでしたが、やはり出店数が多いと体力的には中々きつかったです。

売上

少ない時:一人暮らしの冷蔵庫くらい 多い時:中型バイクくらい

だいぶボヤッと書いているので規模感が伝わればw お陰様でキッチンカーを購入したときの借金分は無事1年でペイできており、その他にも経費で落とせるものは落としているので、割と利益が生まれていたのかなと思います。

売上があがるのは意外と大事です。深夜まで準備したり、早朝から出なきゃいけなかったり体力的に大変なことが多いんですが「売上あがったしまあいっか!」となりやすいです。

売上が大きく出るイベントだとそれなりの達成感もあり、やりがいという意味では感じやすい現場でした(主にスポーツ系)。

ただ、売上が大きく上がる現場が必ずしも良かったかと言われるとそうではなく、スローに営業してして「もう終わっちゃった!楽しかったな〜」と感じることもしばしば。

また、売上が大きくいかない現場のほうがマージンの設定自体が低く設定されていることもあり、そういう意味では扱う商材や心持ちでどっちがいいかはホントに人によると思ってます。

仕入れ

基本はスーパー、こだわりのあるものは生産者と直接交渉

意外にも多かったこの質問ですが、キッチンカーくらいの仕入れ量だと卸問屋さんとかの範囲外になっちゃうので基本的には近くの大型スーパーに電話で発注→引取していました。

お肉は牧場直送なので問題なかったのですが、お米や卵もこだわりたい…だけど高い、と当初は悩んでいました。

現在はキッチンカーを営業していく上でできた繋がりを通して生産者の方から直接主要な素材については買わせていただいてます。

営業方法

問い合わせ窓口からメール or 電話問い合わせ

これも聞かれることが多い質問なのですが、営業は普通に問い合わせ窓口や電話で行っていました。キッチンカーの新規参入は意外と少ないので、電話を受けた担当者が「これは門前払いしていいものか…?」となりやすく取り次いでもらえることが多かったです。

あとは普通に応募窓口から応募して、というのもあります。キッチンカーの横のつながりで引き合い頂いて、というのは全体の出店の1割未満です。もちろん1年目だからという理由もあると思いますが。

1年間を振り返って

結果から言うと目標は達成できて、それに対するノウハウも1年間である程度たまったのかなと感じています。ただ、目標設定自体が正しかったかというと100%正しかったわけではなく、そこは来年に活かしていきたいと思います。

具体的には、やっていくと売上あがるけど、あれ?なんか違うな?というシーンが出て来た際にじゃあ本当にやりたいことってなんだっけ?と迷う部分がありました。

やっていくうちに何を信念とするのか、どういう表現をしたいのかというのはもっと深ぼっていくべきだったなと考えています。

これから参入される方には「どれくらい稼働したいか」と「何を表現したいか」という質問を色んな質問を通して深めていってもらってます(自分が一番深まってるけど)。

2019年はどんなことを目標に置くのか、それもnoteで宣言しまーす。3月中に!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

11

さめすけ

コメント1件

キッチンカーのリアル。ここまで語って下さる方は少ない。とても面白く読ませて頂きました!2019年の目標が気になる、そしてまた阿波黒牛食べたいです。あ、思い出したらヨダレが…
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。