ピンクフラミンゴを観た話

ご先祖様、お盆にこのDVDを観て申し訳ない。パートナー、カレーを食べた後にこれを観せて申し訳ない。中学生の時から観たかったのです。ジョン・ウォーターズ監督はやはり頭がいかれてらっしゃる。お下劣バトルをする話です。

トレーラーハウスに住む世界一下品な女の称号を持つディヴァインと、大親友でディヴァインを愛してる美女コットン、ディヴァインの息子でディヴァインを愛してるクラッカー、あと幼稚園児並みの知能しかないディヴァインの母親。赤と青の髪のマーブル夫妻はディヴァインの世界一下品な称号を手に入れるべく恐るべきお下劣バトルが幕を開ける。
もうどこから突っ込んでいいのかわからないが意味不明すぎてマジで面白いです。

このマーブル夫妻はディヴァインのトレーラーハウスにウンコ送りつけてくるわ、誕生日パーティー中に行われた数々の下品な行動(アナルヒクヒクダンス)に憤慨し警察を呼ぶわ、しかもその警察が逆にディヴァインに襲われて生のまま食べられちゃうわ、もう何が何だかわかりません。

マーブル夫妻はスパイとしてディヴァインの息子クラッカーにクッキーというガールフレンドを送り込みますが、まさかの鶏と3Pさせられてしまう。この鳥は特別編で美味しくいただかれています。動物愛護団体からかなりのクレームが寄せられたそう。監督曰く、「映画出演して3Pまでさせてもらって食べられるなんてしあわせですよ」とのこと。
マーブル夫妻によってトレーラーハウスに放火されてるあいだ、ディヴァインたちはマーブル夫妻の家中を舐め回していました。

いろんなところベットべトします。最悪や。地下室の女も解放。なんとマーブル夫妻は妊婦を誘拐して子供をビアンカップルに提供する人身売買をしていたのです。トレーラーハウスに戻ると燃えに燃えてる。怒り狂ったディヴァインは記者を集めて公開処刑を行います。

終わるとまた三人で、新天地目指して旅たちます。犬のウンコを召し上がるディヴァインに絶句。ジョン・ウォーターズ監督の力を思い知らされました。もうどこから突っ込んでいいのかわからない。わからないけどめちゃくちゃ面白い。一緒に観てくれたパートナーに感謝です。ありがとうございました。昨日イライラしたことも全部吹き飛びました。

いちいち洋服とかインテリアとか可愛いのずるいんだよなあ〜〜

#日記 #映画 #ピンクフラミンゴ #適応障害 #休職 #パニック #不安 #夏 #お盆休み


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5

慈雨

ノンバイナリー。過労で適応障害になったのでリハビリのために短歌を詠んだり暴力映画を観ています。

浮舟草

抑うつのことや適応障害について日記を書きます。人間はやっていく生き物。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。