「ソナチネ」を観た話

正直、適応障害になってから暴力映画と暴力漫画に救われている。なんか時々精神疾患の人のnoteとか見ても、意識高い系とか投資とか自己啓発みたいなのばかりでちゃんちゃら笑う。

「殺し屋1」とか最近読んでるけどめちゃくちゃ面白い。特に垣原さん。目を覆いたくなるようなシーンはあるけど、すごいスカッとする。実写は絶対に観ない。今日は「ソナチネ」を家で観た。もう、すごい良かった。冒頭のクレーン車で雀荘の人を海に沈めるところで笑ってしまった。暴力と夜の港の親和性。

あと沖縄が舞台で、とにかく映像美がすごい。超いい。夜のダークさが際立ってて、もっとはやく観ればよかった。エレベーターのシーンは関係ないOLが乗ってることでさらに狂気が際立ってた。これがキタノブルーか…めっちゃ良いじゃん…。全然長たらしくセリフを並べ立てないのもいい。セリフは極力最低限。女の人が悲しんだり泣き叫んだりしないのがいい。
遊ぶシーンも中だるみするのかと思いきや、ロシアンルーレットと人間トントン紙相撲と落とし穴。本当に突然バイオレンスねじこんでくる。

沖縄行ったことあるから余計に雰囲気が肌で感じられる。海の青と血の赤がすごい。肉弾戦はあまりないものの、話が簡単でわかりやすい分映像美が頭に流し込まれる。夏の夜に観る一作。たけしすごい。アウトレイジは画面がせっかちだったのでますますソナチネが好きになってしまう。

バイオレンス映画を観て癒されるっておかしな話なんだけどすごい清涼剤なんだよな。安心するというか。なんでだろう。「アウトレイジ」の加瀬亮がバッティングセンターでやられるところもすごく好きだったけど。大声で騒いだり、怒鳴りまくるわけじゃないソナチネの空っぽ感が好きだった。幸が浜辺で打ち上げ花火を夜空に向けてやるところが一番好きかもしれない。散弾銃をぶっ放すところも良かった。

大きな音や大声を出した分だけ静寂が引き立つので、ソナチネよかった。

今日は朝からメンクリ。明日は別の先生でメンクリ。明後日は歯医者。明日は「オンリーゴッド」を観る。これも暴力映画。でも現実で暴力は絶対だめだ。それはそれ、これはこれ。暴力映画と暴力漫画が今の私には必要なんだ。朝8:15に黙祷をして落ち込みながらメンクリへ行った。先生は、いつも優しい。無理して帰省しなくていいと言われたのでそうする。アルプラゾラムを増やした。

#日記 #映画 #適応障害 #抑うつ #パニック #ソナチネ #メンタル



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

慈雨

ノンバイナリー。過労で適応障害になったのでリハビリのために短歌を詠んだり暴力映画を観ています。

浮舟草

抑うつのことや適応障害について日記を書きます。人間はやっていく生き物。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。