見出し画像

ぬくもりの記憶

寒くなってきた。

眠っているときは、つなげて敷いたお布団の上をゴロゴロと転がりまくるヨーヨー(3歳5か月)、掛け布団の下にとどまるということを知らず、スリーパーを着せるには大きくなりすぎてしまったので悩ましい。夜中に布団をかけなおすのにも限界があるし。

寒くなってきてからは、いつも気が付くと掛け布団のないところで、あの有名な犬を彷彿とさせるスタイルで寝ている。その画像を張りたかったけれど、著作権的に怒られそうな感じなので、これならいいんじゃないかなと思う手書きイメージを表題写真にあげる。(これでも怒られたら取り下げます)

ところが、そのヨーヨー、先週くらいから、眠りにつくとき、わたしのお布団に潜り込んできて、冷えきった小さな足をお尻とか太もものあたりにくっつけて暖をとるということを覚えた。夜中も転がり出て冷えた先で突然むくっと起きあがり、「寒い~!」といいながらもぐりこんでくる。

ひえー、冷たい!と思うけれど、かわいいので我慢してしまう。

そして、思い出した。

自分も小さいとき、足が冷めたくなったら親の布団に入ってぬくもっていたことを。一緒のお布団で寝てた頃だから、あれはいったい、いくつくらいのことだったんだろう?

今の今まですっかりわすれていたけれど、母親のことを無条件に好きだった時期というのが、このわたしにもあったようだ。小学校3年生より前のことはいまいち自分のこととして思い出せないと思っていたけれど、こんなところに肉体感覚につながる暖かい記憶があった。わたしの人生、その前もちゃんと自分であったみたい。

体のぬくもりを奪われながら、心にはぬくもりが戻ってきたので、その消えないうちに、仲の良くない母親にLINEテキストを送った。

そういうの思い出したよ、と。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ここでいただいたサポートは、社会的弱者への対人支援業に使って世界にお返しします。

ありがとうございます!
5

つかさまき

目指せ高天ヶ原(たかまがはら)!外資IT企業で17年の実務経験の後独立経営コンサルタント。ロジシンなどの左脳系研修に右脳刺激を交えて楽しくデリバリするのが得意です。インタビュー&ライティング(英語も可)、個人カウンセリング承ります。ご相談はmaki@milieup.comへ。

子育て

ヨーヨー(4歳)とあーちゃん(1歳)との日々
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。