すべての催眠は自己催眠である

ヒプノセラピー(催眠療法)はその有効性の割にあまり世に知られていません。その資格をとったものとしては少しずつでもそれが何ということを説明していく必要がありそうなので、まずは、その浸透しない理由について考えてみました。

(1)「催眠」という言葉が喚起する、よくわからないイメージ

(2)「前世」という、証明できないコンセプトを扱ううさんくささ

大きくはその二つかと思いますが、今回はその(1)に対して、怖いものではないという説明を試みたいと思います。(2)は、また次の機会に。

先の投稿で「ヒプノセラピーとは、催眠を介して潜在意識から言葉を引き出す技術」と説明しましたが、

Q. 潜在意識ってなに?

わたしたちの意識は、おもに二つの領域「顕在意識(Conscious)」と「潜在意識(Subconscious)」とで構成されています。

それに加えて第三の領域「超意識(Super Conscious)」もありますが、その説明はまた深くなるので別の機会に。。。

ざっくりいうと、「〜すべき」「〜が良い」などの理屈や判断を司っているのが顕在意識。一方で、感情や想像、あるいは肉体反応(涙、汗、体温など)とダイレクトに結びついているのが潜在意識(フロイトが無意識と呼んだものに近い概念)です。

生まれたての人間は、赤ちゃんは、潜在意識のかたまりです。成長に伴って環境に適応するために顕在意識を発達させ、おおよそ8歳くらいからその二つの領域の間に「門番(Gate Keeper)」とでも呼ぶべきフィルタを設けるようになります。

顕在意識も門番も、わたしたちが「今、ここに生きる」ために欠かせない大切な心の機能です。大人たるものは顕在意識のおかげで、まっとうな会話をしたり常識人としての仕事をしたりできるのです。そして門番のおかげで、潜在意識の領域でふわっと浮かぶ空想や感情をそのまま表に出して「変な人」と呼ばれずにすみます。

しかし、本来の意識領域全体を考えてみれば、実は潜在意識の占める割合のほうがずっと深く広くて、意識全体の8割以上であると言われています。わたしたちがどんなに理知的であっても、顕在意識に忠実であろうとしても、その大きな潜在意識の影響を全く受けずに生きていくことは不可能です。

例えば「あっ、無意識に〜してた!」「夢中になって、気がついたら〜が終わってた!」「ダメだって思ってるのに、また〜しちゃった!」「考える前に体が動いていた!」などというのは、この潜在意識の働きです。

余談:わたしは小学校3年生の時に、ある些細な出来事をきっかけに「ハッ!」と「自分」に気がついた時期より前の記憶らしいものがほとんどありません。古いアルバムの写真として認識していたり、空気感や場の明暗を断片的にぼんやりと思い出せる程度。今でこそ人並みに社会的・社交的ですが、子供の頃は周囲と同じ行動がとれない「変な子」でした。母から聞いた話ですが、小学校低学年の時のIQテストでは、マークシートの丸をきれいに塗ることに集中して発達障害のスコアを出したとか。それで、この「意識の門番」の話を聞いたとき、自分は普通の子供よりフィルタができるのが遅かったのかなと思いました。世界と一体であるような混然とした感覚で生きていた時間が長かったんだと納得しました。根深いところで、自分はどうせ規格外と良くも悪くも開き直っているこの性格も、そんなちょっとした遅れに由縁しているのかもしれません。

Q. 催眠ってなに?

催眠とは、言わば、その顕在意識と潜在意識との間の門番を一時的にとっぱらった状態です。門番がいなくなるので、普段はおさえられている潜在意識領域のイメージやデータに容易にアクセスできるようになります。図を描いてみました;

門番をとっぱらうだけなので、顕在意識もずっとそこにいるというのがポイントです。ヒプノセラピーは、催眠状態に入ったクライアントが、催眠師の問いかけに対して、自然に湧いてくるイメージを言葉にしていくことでセッションが進みます。でも、顕在意識もそこにあるので、そこで話していることはすべて、普段と同じように自覚できています。

この点が誤解されがちですが、催眠下のクライアントは、自分が言いたくないことは言わないので、望まない秘密が暴かれるということはありません。

忘れていた記憶やイメージに遭遇して、思いがけず激しい感情が溢れてくる、ということはよくありますが。

たとえば、催眠下で幼少期のトラウマの記憶を思い出しても、その詳細を共有することがためらわれる場合は、クライアントは「今は言いたくありません」と伝えれば良いのです。それでも心の中で対話を進めてもらうことでセッションの継続は可能です。

そして催眠から醒めたあとにも、そこで行われたダイアログは、むしろ目を閉じて集中していた分、はっきりと記憶に残るものです。

これが、催眠と睡眠との大きな違いです。眠るというのは顕在意識がシャットダウンされた状態なので、寝言は自覚できないし、もし奇想天外な夢をみても、目が覚めたら概ね忘れてしまいます。

催眠に関する誤解の原因になっていると思うものが、マジックショーの催眠術(ステージ・ヒプノといいます)で「犬になれ」と命令されて「ワン」というようなやつ。あれも、催眠術をかけられている本人は、実は自分が何をしているかをわかってやっています。衆目の中で何を期待されているのか、どうしたらみんなが喜ぶのか。マジシャンはそれに応えたいという被催眠性・被暗示性の高い人を見極めて舞台にあげるのです。催眠下の人は、本人がそう望むならば嘘をつくことさえできます。

ヒプノセラピーにおいては、そのイニシアチブを握っているのは、終始クライアント本人です。催眠師は、催眠への導入の手法やその世界の安全な歩き方を知っているガイドのようなものです。いわば、すべての催眠は自己催眠です。それをしたい(自分の潜在意識領域に深く入ってみたい)というクライアント本人の意思があってこそ、セッションが成立するものなのです。

Q. どんな人が向いてるの?

「意思の弱いコントロールされやすい人が催眠にかかりやすいのでは」というよくある誤解に反して、ヒプノセラピーをおすすめしたいとわたしが思うのは、実は、より楽しく生きるためのヒントを自分の中に見つけたいという強い意思を持っている人です。そして、そのセッションは目を閉じて自分の潜在意識に集中し、イメージを言葉にしていくというものなので、集中力があり、想像力が豊かな人にこそヒプノセラピーは向いています。

ずっと昔に読んだものなので精確に引用できず申し訳ないですが、確か「風の谷のナウシカ」オリジナル漫画の終盤で、森の人の案内でナウシカの精神が腐海の深部を旅するというシーンがあります。その豊かさに驚くナウシカに、森の人が「これはあなたの世界ですよ、わたしはただのガイドです」的なことを言うんです。ヒプノシスを習得して、ああ、あれはすなわちこういう潜在意識的な世界観を描いていたんだなって思いました。

※ セッションに興味のある方は、こちらからどうぞ。

※ ヒプノセラピー関連のblogはこちらのマガジンにまとめています。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ここでいただいたサポートは、社会的弱者への対人支援業に使って世界にお返しします。

(ノ´3`)ノ~♥
17

つかさまき

目指せ高天ヶ原(たかまがはら)!外資IT企業で17年の実務経験の後独立経営コンサルタント。ロジシンなどの左脳系研修に右脳刺激を交えて楽しくデリバリするのが得意です。インタビュー&ライティング(英語も可)、個人カウンセリング承ります。ご相談はmaki@milieup.comへ。

潜在意識のメモ

言葉やイメージについて、考えたこと