リーダーシップ地図®の読み方

リーダーシップ地図®とは?

状況対応リーダーシップ®の基礎講座で使われている教科書「12のリーダーシップ・ストーリー~課題は状況対応リーダーシップ®で乗り切れ」(生産性出版)の表紙をひらいてみてください。

たくさんの図が描かれています。
これがリーダーシップ地図®です。

行動科学のバイブル、「入門から応用へ 行動科学の展開」で解説されている主な理論やモデルをまとめたものです。
ビジョン・トゥー・アクション(VTR)モデル
効果的なリーダーシップ
目標による管理(MBO)
行動モデル(状況対応リーダーシップ®)
態度モデル(動機づけ)

ビジョン・トゥー・アクション(VTR)モデル
VTRモデルは、文字通り、ビジョンをアクションとして実現させるためのモデルです。
ビジョンを掲げても失敗してしまうケースは、組織やチームやフォロアーがついてこない場合です。なぜついてこないのか。

本書で解説する行動科学では、ビジョン実現のリーダーシップには、目標や計画といった「意思決定の側面」だけではなく、やる気や気持ちという「人間の側面」も考慮することが必要であると考えています。しかも、異なるレベルで異なるリーダーシップが求められているといいます。・・・詳しくはこちら

効果的なリーダーシップ
「効果的なリーダーシップ」の欄では、「リーダー⇒働きかけ⇒フォロアー⇒成功するリーダーシップ⇒効果的なリーダーシップ」の図式が示されています。

成功することと効果的であることの違いは、持続性にあります。ムチで相手に働きかけ無理強いすれば成功することはできますが、相手は二度とやりたいとは思わないでしょう。相手が自らまたやりたい、やるというように働きかけるには、効果的なリーダーシップが必要になります。そのヒントはなにか。・・・詳しくはこちら

目標による管理(MBO)
「目標による管理」の欄では、状況対応リーダーシップ®を活用してMBOを実施する場合の「リーダーシップ・スタイル契約」の全容が示されています。

ステップ1:目標設定
ステップ2:期間指導
ステップ3:業績評価

「驚きがないこと」、これが業績評価のキーワードです。
相手にとって期待以上の良いことであれば、驚きは歓迎されます。しかし、たとえば、「そんなこと期待されていたの?」、「言われていたことと違う」、「◯◯だと思っていた」、「もっと評価されていると思っていた」などなど、期待に反する驚きがあると、信頼関係に傷がつきます。・・・詳しくはこちら

行動モデル(状況対応リーダーシップ®)
「行動モデル」の欄では、状況対応リーダーシップ®の3本柱を示しています。

レディネスとスタイルが適合しているかどうかを測るスタイル適合性、スタイルをいかに柔軟に状況によって変更できるかを示すスタイル柔軟性、そしてもっとも重要なポイント、その診断結果は自己認知なのか他者認知なのか、などリーダーシップが効果的かどうかを検討すべき重要なポイントを示しています。自己認知と他者認知にズレがあったら、それは貴重な学習の機会になります。

そして、自分に対する状況対応リーダーシップ®(S.L.セルフ®)の図もあります。
「なにかを達成したい」と思ったときに、自分をプロセスリーダーとして、あらゆるコンテンツリーダーたちを探し働きかける方法です。・・・詳しくはこちら

態度モデル(動機づけ)
態度モデルは、リーダーやフォロアーがどんなタイプの人間性をもっているかを考えるために活用します。相手の考え方がまったく異なる、人間性を全然理解できない、など問題があれば、コミュニケーションがうまくいきません。

上司と部下が同じようなパーソナリティであれば、コミュニケーションもスムースになりやすいでしょう。異なるパーソナリティの場合は、そういうパーソナリティもあるんだと知ることが、過度な期待をせずに、タスク中心、レディネス中心でリーダーシップを進めることができます。

なんとなくチグハグな上司部下関係だなと感じたら、リーダーはどんなタイプ、自分はどんなタイプかを考えてみるとスッキリ納得するかもしれません。・・・詳しくはこちら

12のリーダーシップストーリー進化する教科書プロジェクト

リーダーシップ研究に関する教科書の出版を目的とするプロジェクトです。
2016年1月に「12のリーダーシップストーリー、課題は状況対応リーダーシップ®で乗り切れ」(生産性出版)を出版

出版をめざす研究コース
体系的な理解と自分のフレームワークづくりをめざします。

この記事の元記事はこちら

事業内容

仕事依頼はこちらまでお願いします。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

リーダーシップを難しく考えずに、いつもの行動がリーダーシップ、「だれもがリーダー」学習を提唱しています。わたしたちが長年かけて培ってきた知恵と知識を拡めたいと思っています。

スキをありがとうございます!これからもよろしくお願いします。
2

リーダーシップ研究アカデミー

「だれもがリーダー」、だれもが、なんらかのリーダーシップをとっています。 仕事をスムースに、人間関係を気持ちよく、人生を楽しむためのリーダーシップを考えていきます!

「だれもがリーダー」を学習するポイント

なぜその行動をとるのか、どうしたら期待する行動をとってもらえるのか、行動科学で考えると、自分のいつもの行動がリーダーシップだと気づきます。リーダーシップをうまく活用すると、人生も人間関係も仕事もストレスフリーになります。インターネット講座やコーチングやっています!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。