G1出走馬の能力

こんにちは、うまめし.comの北村です。

サラブレッドは2歳で競走馬としてデビューし、強い馬は3歳の春に皐月賞と東京優駿(日本ダービー)で戦います。

もちろんダービーで馬券に絡むような馬は、その後もG1戦線で活躍するケースが殆どなのですが、ダービー10着ぐらいの馬が秋に古馬と一緒に混じって戦う時にどの程度通用するのか?

これは初心者の人には判断が難しいと思うので調べてみました。

G1で馬券に絡む事無く中途半端な着順や大敗を喫したような馬が、その後G2やG3、他にもOP特別や3勝クラス・2勝クラスに出走して来る事があります。

G1で上位になったのであれば、力量も当然ある程度あるだろうと見当が付くのですが、G1で大敗していると能力の見極めが難しいところです。

そんなわけで2015年以降の日本ダービーの全出走馬のその後を追跡調査して、G1でどの程度の成績を収めると、その後のレースでどの程度のパフォーマンスを見せるのか?を調べてみました。

2015年ダービー出走馬のその後…

4着:リアルスティール
2015年のダービーで馬券に絡まなかった馬で最先着の馬はリアルスティール。リアルスティールはその後G2やG1で勝ち負けを多数経験しているので、ダービー4着は伊達では無いという感じですね。

5着:コメート
コメートはダービー以来レースに出走していません。

6着:ミュゼスルタン
ミュゼスルタンはダービーの後G3に出走するも大敗し、休養を経て翌年の6月に1000万下特別に出走して圧勝。

7着:タンタアレグリア
タンタアレグリアはダービー後もG3からG1まで重賞で勝ち負け多数と大活躍中です。

この続きをみるには

この続き:1,558文字/画像2枚

G1出走馬の能力

うまめし.com

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

うまめし.com

うまめし.comの北村です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。