見出し画像

国内上場SaaS企業10社比較にみるSaaSのバリュエーションロジック

特に米国株式市場において、2019年8月ごろまではSaaSがかなり買われていたのですが、9月から若干潮目が変わったのが好決算でも暴落する銘柄が多々ありました。

上場企業であっても赤字でも珍しくないことから、PSR(株価売上高倍率)でのバリュエーションが中心となっています。赤字だとPER(株価収益倍率)で判断しようがない。数年後のPERを元に推測せざるを得なくなります。

PSRがベースにはなるのですが、そのPSRの倍率は企業によって幅広く、今回対象とした国内SaaS10社では4.6倍〜28.8倍のレンジでした。PSRの高低の要因は何か。生データを元に、複数の視点でお届けします。

今回使用するデータの基礎データはこちらです。こちらを元に、複数の視点をご紹介します。まずは時価総額順に並べます。

スクリーンショット 2019-10-06 14.47.19

極力シンプルなデータを心がけたいのですが、上記のような表が頻出しますので、本稿はPCビューでの閲覧を推奨します。紫セルは市場コンセンサス予想がない(アナリストカバレッジなし)のため梅木予想としました。

本稿はPSRを中心指標としてお届けしますが、国内上場SaaS10社の平均PSRは当期13.8倍、翌期10.5倍でした。

恒例の告知コーナーなど

<単品課金の方、注目!梅木のクラウドソーシングが月額3,000円!>

このnoteは単品でも1,500円で販売しますが、未上場企業の資金調達情報を月3-4本(毎週金曜夜更新予定)+IPO銘柄分析記事+資本政策記事などをお届けする、月額マガジン「ウメキワークス」は3,000円です。購読者数は550名強。

<マガジン読者特典:Googleスプレッドシートデータ共有(2019.8.24更新)>

マガジン購読者は、資金調達やIPO、M&A、資本政策などのデータをGoogleスプレッドシートで閲覧できる権限を共有しております。

8/24配信分から過去データの蓄積が進んだため、スプレッドシートを3つに分類しました。

1.スタートアップ資金調達(以前から共有していたシートがこれ)
2.IPO分析(IPOデータに特化)
3.上場企業月次時価総額推移(日本株と米国株をウォッチ)

共有希望の方は下記からどうぞ。

☆データ閲覧希望の方
宛先:Facebookの梅木雄平宛へメッセージ(たまにFB以外に送る方いるので、ご注意を...!)
note購入ユーザー名:
メールアドレス:
共有希望のスプレッドシート名:スタートアップ調達、IPO、上場企業時価総額推移の3つのどれか、ないしは全て
TheStartupやnoteなどへの感想:書かないでコピペして送ってくる方がいるので、アンケートと思って記載いただけますと幸いです。

<過去記事まとめ(2019.10.5更新)>

ウメキワークスも運営3年となり、過去記事も売れますので、過去記事のタイトルとリンクが一覧になった記事を作成しました。過去記事のタイトルを読むだけでも刺激があるかと思います。過去記事に興味ある方はこちら

<その他おすすめ記事紹介(2019.9.13更新)>

本マガジン購読者と親和性のありそうな記事をご紹介。

・高級賃貸物件の真実?と住みたい物件17選(1.2万字):リンク

【Umeki Salonもまったり更新中】

世界初のオンラインサロンとして運用8年目に突入したUmeki Salonも運営しています。最近はnote購読者からのサロン会員も増えています。noteと違い、過去ログが読み放題という魅力!サロンはスタートアップやインターネット業界に関する様々な話題をお届け。こちらからどうぞ。

以下有料です。

この続きをみるには

この続き:4,724文字/画像9枚
記事を購入する

国内上場SaaS企業10社比較にみるSaaSのバリュエーションロジック

梅木 雄平

1,500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただき、ありがとうございます!サポートは希少なのでとても嬉しいです^^

ポッ ○´・ω・)(・ω・`○
15

スタートアップ資金調達データベース:ウメキワークス

2016年2月創刊。 国内案件の最新資金調達情報を梅木独自コメント付きで紹介していきます。ジャンル別資本政策、ネット系IPO分析、上場株の話題も。2018年実績では月間平均5-6本発行。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。