僕が独立当初から「ライター」と絶対名乗らないと決めていた理由

燃えそうなネタはマガジンで吐き出すと良いですねー。もうそろそろ独立して丸5年なのですが(なんとか生き延びている)独立1年目は会社もなかったフリーランスなので、本当に怪しかったと思うんですよね。

合コンでフリーランスといって馬鹿にされたこと
をきっかけに、会社作ったくらいですから。後日談としては、キャピタルゲイン狙いで会社を事業売却するために法人化したのであり、売却交渉も実は1社だけやりましたw

定期的に定点観測として多角的に自分を振り返るのですが、僕は独立当初から「ライター」とか「ブロガー」とか絶対に名乗らないようにしていました。むしろ、僕をそう紹介したやつには「てめえ!」的な感じでやり合うくらいな。CNETの「ブロガー」として紹介されたのは懐かしいですね。「てめえ!」と思いましたよw

注:この記事は、月額マガジン「月刊 梅木雄平」に含まれる記事です。この記事単体でも300円で販売しますが、こちらでは月に複数本記事を出すので、こちらの方がお得ですよ!こちらをクリック!

この続きをみるには

この続き:2,110文字
記事を購入する

僕が独立当初から「ライター」と絶対名乗らないと決めていた理由

梅木 雄平

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただき、ありがとうございます!サポートは希少なのでとても嬉しいです^^

ほら!本当は俺のこと、好きなんだろ?
8

梅木 雄平

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。