色のある人と、そうでない人

最近、人の色をよく見るようにしている。

東京カレンダーという、英雄色を好む、的なサイトを運営していると、多様な意味合いでの“色物”がコンテンツとして必要とされる。

その人のカラーというのは、不思議なくらいに文章に現れる。厳密には、滲み出ると言った方が良いであろう。

非モテ感や恋愛経験値、知性から律儀さやワガママさまで、本当にその人の人生が透けて見えるほどに、色が滲む。

モノトーンではない、色物メディアである東京カレンダーにおいては、色のある人が書く文章が求められることは言うまでもない。

しかし、だ。色のある人というのは、案外少ないのだなと応募されてくる文章を見て感じた。

僕自身もきわめて微妙な色をしていると客観的に思う。数字の世界においては、それなりに稼いで、毎晩かなり美味いものを食べていても、さほど財布は痛まなくなった。そんな状態で食べる銀座の鮨と、貧乏だった時代に食べた阿佐ヶ谷の『鮨なんば』。味は正直さほど覚えていないが、情景をよく覚えているのは後者だ。

要は、色とはその人が日々どれだけ何かに感動しているか。ルーティーンではなく、刺激を受けているのか。どんな金持ちでも、貧乏人でも、同じような毎日にいずれ慣れる。金持ちの銀座の鮨と、貧乏人の吉野家は、ルーティーンという意味では特別な意味を持たない。

カラフルな洋服に身を纏っていても、色がない人はいるし、モノトーンな洋服を着こなしていても、表情に色がある人はいる。

若い人には色がある人が多い。まだ見ぬ世界が多く、それを目の当たりにする度に、心を動かされるからだ。きっと中年は、そういう悦びを感じる機会が少しずつ減っていく。だからこそ、若い人と接することで、若い人の感覚を自らに取り入れたいのだろう。最近その感覚がわかるようになった僕は、31歳。

だからこそ、色のある30代は強いのかもしれない。20代に色があるのはある意味当たり前で、30代になって失われていく人が多いような気がする。光より影の多さが目立つような。

あなたにはどれだけの色があるのか。鈍色になっていないか、振り返ってみると良いかもしれない。

何も明るい色ばかりである必要はない。群青色のような苦みのある色も、人生には必要であろう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただき、ありがとうございます!サポートは希少なのでとても嬉しいです^^

ほら!本当は俺のこと、好きなんだろ?
102

梅木 雄平

ユキガオのお気に入り

お気に入りのノートを集めたマガジン。

コメント6件

なんだかドキッとしちゃいました。
自分も文章からモテないのバレてるんだろうなと思いました。
「光より影の多さが目立つような。」← ハッ! 得心しました。
なんて美しくて深みのある文章を書かれるんだろう、さぞ人生経験の深いナイスミドルだと想像していたら同い年でした。すごいなあ…!文章を読んで久しぶりに感動しました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。