スピード

僕が栽培マンの6倍くらい仕事が早い理由

僕は仕事が早いと言われることが多々ある。遅くて怒られたことは特に独立してからは一度もない。

そのスピードについて聞かれる機会が増えてきたので、あえてこのnoteで話そうと思う。

自分でも特に仕事が遅いという認識はなかったのですが、最近は「自分って仕事遅いんだな」と思う機会が増えてきた。イケダさんやはあちゅうの尋常じゃない書くスピードを目の当たりにして、そう感じるようになった。とても良い刺激です。

そんな問題意識を持ち始めた矢先、400のプロジェクトを同時に進める 佐藤オオキのスピード仕事という書籍を読んだ。

仕事のスピードに関して、自分が今まで意識してきたことと、今後意識しようと思ったことを書いておきます。

☆目次
1. やることとやらないことを絞る(「半分は捨てる」で結果2倍速に)
2. 仕事を3つに要素分解する(各段階のスピードを1.5倍ずつ上げる)
3. 仕事が早いことによるメリット
4. さらにスピードを上げるために

この続きをみるには

この続き:4,188文字
記事を購入する

僕が栽培マンの6倍くらい仕事が早い理由

梅木 雄平

980円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただき、ありがとうございます!サポートは希少なのでとても嬉しいです^^

もう「スキ」してくれないと、記事書かないんだからっ!
18

コメント2件

メールを音声でレスするやり方は、この記事が参考になるかと思います。http://www.theresponse.jp/blog/saleswriting/64676/
ありがとうございます。見てみますね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。