10万フォロワーのインスタグラマーは◯◯◯万円稼いでいる!その収入だけで生活できるのか?

ウメキワークス番外編ということで、非常に珍しく取材記事です。

2018年は日本国内において、私や読者の皆さんのように「インターネット業界」(この言葉もすでになくなりかけている)の人のみならず、マス層にYouTuberやインスタグラマーが浸透していった年ではないでしょうか。

正直、以前はやや揶揄する言葉としてYouTuber(笑)やインスタグラマー(笑)というニュアンスがゼロではなかった気がしますが、2018年にはほぼ市民権を得てきたと感じています。

言い換えると、YouTuberやインスタグラマーの次元が一段階上がってきた感じです。

人気YouTuberともなるとチャンネル登録数100万人超え、動画再生数もコンスタントに100万超えを連発しています。やや無茶なお笑いコンテンツが多かったり、YouTube独特の早回し的な編集方法などが生まれてきています。YouTuberは男性の方が多い。

一方で、インスタグラマーは華やかな生活を投稿する女性インフルエンサーが多く、男性インスタグラマーでフォロワー数が多いのは、芸能人以外だとあまりないのではないでしょうか。

女性インスタグラマーはその華やかな生活ぶりから「あんな生活、自力でできるはずがない」という嫉妬混じりの疑いの眼差しを向けられていることが多いと、個人的な肌感覚として持っています。

そこで。

インスタグラマーはその収入だけで生活可能なのか?

あの煌びやかな生活は、自分の収益のみで賄っているのか?

具体的な数字を交えて、本稿でご紹介します。

☆目次
1.インスタグラマーの相場観:日本国内2018年12月版
2.稼ぎを決定づけるフォロワー以外の要素
3.10万フォロワーのインスタグラマーは月間◯◯◯万円稼いでいる
4.インスタグラマーの副業。禁断の◯◯事情(注記:更なる袋綴じアリ)
5.次代のトレンド「ナノインフルエンサー」の考察

<梅木のクラウドソーシングがなんと月額3,000円!>

このnoteは単品でも980円で販売しますが(普段の読者層ではない層へのリーチも想定したため、普段より若干安めに設定)、未上場企業の資金調達情報を月3-4本+IPO銘柄分析記事+資本政策記事1本(8月から定期コーナー化)をお届けする、月額マガジン「ウメキワークス」は3,000円です。

マガジン購読者には資金調達情報のgoogle docs閲覧権限も共有。ご購入の方は下記情報を梅木までFacebookメッセージで。ちなみに起業家の購読者が多く、400名突破。

☆データ閲覧希望の方
note購入ユーザー名:
メールアドレス:
TheStartupやnoteなどへの感想

以下有料です。

この続きをみるには

この続き:6,481文字
記事を購入する

10万フォロワーのインスタグラマーは◯◯◯万円稼いでいる!その収入だけで生活できるのか?

梅木 雄平

980円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただき、ありがとうございます!サポートは希少なのでとても嬉しいです^^

実は...「スキ」されると、けっこう嬉しいです笑
10

梅木 雄平

【法人版】スタートアップ資金調達データベース:ウメキワークス

ウメキワークスの法人向け版です。法人購入希望の方は、購入時に私にご一報ください。
1つのマガジンに含まれています

コメント1件

ユーチューバーは案件ばかりやっていると絶対に登録数が減ると思いますがインスタグラマーはそんなにやっていて大丈夫なのでしょうか?笑
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。