うみなみう

毎年バテるのに懲りずに夏が好き。エッセイとたまに何かしらの作品をアップします、「スキ」押してくださると嬉しいです。
  • わたしのてのひらから生まれた小説を集めたマガジンです。エッセイはいらないな〜って人はここだけ見てください。
固定されたノート

18歳、大学生

もういくつか書いてるのに自己紹介をしていないことに気づいた。遅。 海凪深憂、うみなみうと...

誰かの一挙手一投足に泣いて日が暮れるみたいな生活も飽きてきたねこれからはそういうことしてきた人のこといつかまっすぐ言葉でぶん殴っていきたいなそれが今私に出来る叛逆 そのためにはわたしは心の間口を広く持たなきゃなー

電車に乗ってあまりの長さに熟睡してしまうと高確率で隣に誰も座っていないのはもしかしてわたしが寝ている間にデロンデロンに溶けてしまっているのではないかと考えてひとりおののいている

きみを好きだというのはもっときみを理解してからがいいのに、きみはしきりに不安がるから望まれた言葉をかけてしまうね。弱いねわたしもきみも 好きだよ悪意0%できみを好いている

猛烈に誰かの記憶に残る人間になりたかった、誰かの人生をかんたんに変えてしまえる人になりたかった、今もなりたい、圧倒的に努力と才能が足りない 文章を書きたいなにがあればわたしの文章はわたしの文章になるのだろうわからない

さつきちゃん

さつきちゃんが変わってしまった。 ここ数日、教室はその話でもちきりでした。無遅刻無欠席、...