見出し画像

救いの手※暗い話です

父がアルコール依存症で、休みの度に酒を飲みまくって酔いつぶれる。

何年もそんな感じで、しかも気性が荒くなるので些細なことでめちゃめちゃキレ散らかす。

こういう家庭環境のいざこざって多分全部児童相談所に聞いてもらえることだったんだろうけれど、わたしたちはもう18歳以上で、児童ではなくなってしまった。

本当ならば、父に暴力を振るわれた13歳の時に児童相談所に駆け込むべきだった、今になって思う。そうしたら、父も反省してお酒をやめてくれたかも知れない。或いは、父と母は離婚出来たかもしれない。

父のアルコール依存症の症状が顕在化して、機嫌を損ねて物に強く当たるようになり、壁に穴を空けた頃からわたしは、母に離婚して欲しいと懇願するようになった。

呆れていた。もう何年も、父のことを父だと思えたことはない。父親らしいことをしてもらった記憶もない。何年か前に酒を飲んだ父と喧嘩をして父が「食わせてやってる」と言った時に、わたしの中の父は死んだ。つい最近まで借金があったくせによく言うよな、コイツ本当になんなんだ。父親らしいこともせずに、365日のうちの360日ぐらいは母が食事を作っている。母は仕事をしている。よほど母の方が「食わせてやってる」と言うに相応しい人間だ。

このnoteを見た一部の人には怒られるかも知れないけれど、父を父と思えないわたしよりも、まずは父が父らしいことをしてくれないことに対して怒って欲しい。

わたしはまだ大学生で、正直なところは父の稼ぎに寄りかかっている。それは理解している。万年平社員の安月給でも、わたしが大学に通えているのは奨学金と父と母の稼ぎがあってのことだ。理解している。けれどその感謝はわたしが自発的にして初めて意味を持つものであって、父に「食わせてやってる」だのなんだのと言われてうまれるものに全く意味も価値もないだろう。

それに、父が飲んだ酒の量と水の量と吸った煙草の量のことを考えると、間違いなく一番そこにお金がかかっているのだ。

そんな状況で、どう父を尊敬できようか。

酔いつぶれてリビングで寝て、こちらの些細な注意や言動で怒り壁を殴り穴を空け、引き戸を蹴り倒しブツブツと独りごちる父を、どう尊敬できようか。


教えて欲しい。


助けて欲しい。


この場合、わたしたちはどこに逃げ込めばいいのか。夜逃げ屋に駆け込むべきか。しかし大学がまだ3年半もある。父が怒った夜は、衝動的に殺されないか心配で眠りが浅い。怒った父の目が怖くて過呼吸寸前になる。大学は卒業したい。けれど、もうこれ以上父と一緒にいるのは無理だ、そう感じる。どれだけアルバイトを頑張っても一人暮らしができるほどの稼ぎはない。姉の仕事の関係で姉と二人暮らしも難しい。わたしたちはどうしたらいいのか。父にはアルコール依存症ではないか、という旨を伝え、病院に行ってくれと懇願した。もう半年ぐらい経つ。まだ行ってない。行くつもりもおそらくない。

わたしたちは、どこに逃げればいいのか。

教えて欲しい。


お酒によって気性が変わるなんてことはなく、お酒はその人の本性を見せるに過ぎないという研究結果がある。つまり、わたしの父は元からそういう人間だということだ。暴力的で、短気で、自分が偉いと思い込んでいる、そんな傲慢な人間だということだ。尊敬も出来ないし、怒らせたという非がこちらにあれど一度は首を絞められたことがある以上身の安全が100%保障されているとは言いきれない。



誰か、救いの手を差し伸べてください、本当にしんどいです、助けてください。なにかアイデアがあれば、コメントをください。頼みます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしてくださるととてもとても嬉しいです!

あなたにいいことがありますように!
5

うみなみう

毎年バテるのに懲りずに夏が好き。エッセイとたまに何かしらの作品をアップします、「スキ」押してくださると嬉しいです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。