見出し画像

「なんて私はダメなんだろう。」そう思ってた。

私のやる気スイッチがオンになるのは、7:00〜12:00と16:00〜19:00。

日が昇りきってない、涼しい時間に自分でもわかるくらいぐっと集中できる。「よし、きた!」って感じになる。

だからって、他の時間は遊んでいるわけじゃない。(あたりまえ。)


がんばるぞ!とパラパラ資料や本を見たり、単語ベースで書き散らしてみるのに、なんかうまくいかない。なかなか気持ちが追いつかない。


そんな時はさらに、「みんなはきっと、四六時中バリバリやってんのに。なんて私はダメなんだろう。」とか焦っちゃって。負のループが中でぐるぐる。


そんな時に見つけた、コピーライターの尾形真理子さんのインタビュー。

コピーは沢山見ているけど、人柄までは実はあんまり知らなくて。やっぱりいいコピーがかける人は、素敵な人なんだなと思える内容でした。


全部良かったんだけど、私が一番ぐっときたのはこの部分。


"時に、1本のコピーを書くのに無駄に時間がかかることがあるんです。3分考えたら、もう集中が切れる。ひどいとその後2時間半ネットを見たり、関係ないことをもぐもぐ考えたりしてしまう。"


えー、これもはや私じゃん!!と読みながら思ってしまった。(ごめんなさい。)


これを読んだら「そっか、みんな同じなんだ。私だけじゃないんだ。」って、スーパーネガティブな私でもちょっと気持ちが軽くなった。


みんなそれぞれ、自分自身と戦ってるんだな。頑張っている人ほど、努力を他人に見せないし。


よかった、私はダメな子じゃなかった。

この記事が参加している募集

愛が止まらない…。
11

たんしお|コピーライター

海本 栞璃(うみもと しおり)/ PARK Inc.コピーライターhttps://parkinc.jp
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。