見出し画像

【コピーライターmemo1】ひらがなと漢字のちょうどいい関係

"たのしい" と "楽しい"


このふたつは同じ言葉なのに、ひらがなと漢字じゃ読み手の受け取り方が全然ちがう。

ひらがなだと、なんとなく柔らかくてやさしい。漢字だと、大人っぽくて勢いを感じる。(超主観だけど。)


「ひらがなと漢字のバランスはすごく大事。漢字ばっかり使いすぎると、文章が頭に入りづらい。だからひらがなを上手く使える人は、文章も上手い。」


入社したての頃に教えてもらったこと。目から鱗が、ぽろんと落ちた。


ひらがなと漢字の関係性。何を伝えたいかで、バランスを使い分ける。

同じ文章の漢字の部分をひらがなに変えただけ。たったそれだなのに、読み終わった時の印象がすごい変わる。全然ちがう。

日本語っていいなと、その時に改めて思った。


その話を聞いてから、ひらがなをいっぱい使うようになって「なんか稚拙だなー」ともよく言われます。柔らかいと稚拙は、紙一重。(それがいい時も、もちろんある。)

使わなさすぎでも、使いすぎてもなくて、ちょうどいいバランスが大事なんだと、わかっちゃいるけど上手くいかない日々。


ちょうどいいが、一番むずい…。

優しい…神様ですか…?
8

たんしお|コピーライター

海本 栞璃(うみもと しおり)/ PARK Inc.コピーライターhttps://parkinc.jp
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。