徒然なるエッセイ

102
ノート

ぶっ飛んだ大人の存在

長嶋有さんのエッセイを読んでいる。2014年に出版された『安全な妄想』。 もういい意味でぶっ...

後悔を糧に明日を生きる

遅くに仕事が終わってオフィスの大きな部屋の前を通るときに声を掛けられた。 見るとそこには...

執着から生まれる個性

社会人なりたての新人の頃、通勤時間に村上龍の『オールド・テロリスト』を読んでいた。単行本...

心配性のライフハック

心配性な性格が大人になっても直らない。 普段耳に付けているAirPodsをどこかで落とさないか...

憧れの対象はもういない

noteを始めるとき、何か具体的な目標があった方がいいのかなと思って考えてみたことがある。 ...

台風19号のその後

ぼくの住む地域から台風は去っていった。 お風呂に溜めた水も、窓ガラスに貼った養生テープも...

台風前夜

異例尽くめの台風19号。 甚大な被害をもたらす可能性が高く、人々はそれぞれに対策を進めてい...

夜の散歩

夜22時。眠れないので散歩に出かける。 3時間前に寝てしまっていてさっき起きた。空腹だった...

虚構が世界を動かしている

1日に2本、映画館で映画を観たのは人生で初めてだった。土曜日の午前中と夜にそれぞれ観た。 ...

好奇心の人生ゲーム

社内から選抜で海外のイベントに参加できると期待して前々から英会話に通っていたが、今年はそ...