[実行用プログラム公開] コピペだけで実用的かつ実践的なMaximum Information Coefficient(MIC)~変数間の非線形性を考慮した相関係数~ (R言語)

仕事や研究において、変数間の非線形性を考慮して相関関係を検討したい方もいらっしゃると思います。NBでは推定値の信頼性も考慮できます。変数間の非線形性を考慮した相関係数であるMaximum Information Coefficient (MIC) についてはこちらに書きました。

http://univprof.com/archives/16-08-05-5289012.html

しかし、MICのやり方はわかっても、実際にMICができるようになるわけではありません。そこでコピペするだけでMICを実行可能なプログラムを作りました。

データ形式・必要なソフトウェア

以下の記事に示す形式のデータ(data.csv)さえ準備すれば、R言語でMICの計算が可能です。

R言語のために必要なソフトウェアは以下の記事をご覧ください。

実行結果

実行結果を下に示します。すべての変数間のMICの値が、”MIC.csv”に保存されます。

プログラム公開

R言語のプログラムは有料コンテンツとします。ただこれにより、こちらに記載したMICをすぐに実行できます。

http://univprof.com/archives/16-08-05-5289012.html

こちらからプログラムのzipファイル自体はダウンロードできます。

http://univprofblog.html.xdomain.jp/code/mic_analysis_all_r.zip

購入していただくと解凍のためのパスワードがありますのでそちらをご利用ください。

またこちらのzipファイルに必要なスクリプトと関数があります。パスワードはかけていません。購入後に使い方の説明があります。

http://univprofblog.html.xdomain.jp/code/R_scripts_functions.zip

すべて動作保証ずみですのでご安心ください。上のデータ形式に合わせていただければ、どんなデータにも使えるプログラムです。このプログラム一つでいろいろなデータを解析することができ、余裕で元が取れます。ご不明点などありましたら遠慮なくこちらに連絡をください。迅速に対応します!

http://ask.fm/univprofblog1

この続きをみるには

この続き:403文字

[実行用プログラム公開] コピペだけで実用的かつ実践的なMaximum Information Coefficient(MIC)~変数間の非線形性を考慮した相関係数~ (R言語)

univprof

1,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

univprof

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。