見出し画像

日本国に対する日本国籍を有する確認を求める訴えを提起。

法の支配やら、立憲主義やら、憲政の常道やら、中身を知らないでConceptだけを訴えるので、実質的当事者訴訟として、公法にもとづき、蓮舫議員に対して、日本国に日本国籍を有することを確認する訴えを提起する。民主党には日本国憲法を絶対に遵守してもらう。蓮舫議員を入国管理局にぶち込む。
「お前でなくてもいい。でしゃばるな。中華民国まで下がれ。」

立憲民主党には、「真っ当な仕事と真っ当な司法」を求める。議員を辞職して「真っ当に」働け。

民主党の犯罪は当然だとして、与党は、霞が関の役人を味方につけて行政府を動かしているわけだから、公然なる不法移民、不法滞在者を取り締まらないことが問題。不法移民や不法滞在社であっても国会議員であれば許されるわけですか。山下法務大臣にお尋ねします。

急迫不正の事態であっても、入国管理局はスクランブル発信しないということであれば、行政府に対して、当該処分庁の不作為の訴えを提起します。上級行政庁は、外務大臣なので、外務大臣の答弁を求めます。

こういう問題が入国管理局法改正で大量に発生するわけなんですよ。

蓮舫議員を先ず逮捕して入国管理局に送致してもらえわないとならない。一般の外国人の方は、本当に入国管理局に送致されるんですよ。

かるがゆえに、安倍総理の任命責任と政治責任をを追及して安倍内閣退陣に追い込みます。

もう、次の候補を待たせているので。

こういう事を提起すると、ヘイトスピーチ規制法がと応訴するが、お門違い。証拠より論。与野党ともに、蓮舫議員の二重国籍問題を隠蔽する。持ってきた証拠書類は、法令に適合しないため、棄却。又、ヘイトスピーチ規制法を主張する原告は、公職選挙法に違反するので、原告の請求を却下。したがって、当該議員には、公職選挙法違反により、議員資格を剥奪されるのは当然といえる。

日本国籍を有していることが判明すれば、蓮舫二重国籍疑惑で叩かれなくても済むが、そこも怪しい。一応、与党を追及する検察官みたいな役割にあるわけだろう、蓮舫は。「お前が言うな。」でおしまい。囚人のジレンマにあるのは蓮舫。囚人のジレンマを解決するには、刑事訴訟法を使わないとならない。そもそも、囚人の検察官という存在があり得ない。

こんな事は常識なので、出来て当然だが、蓮舫「先生」にお尋ねしますが、放棄された国籍は、中華民国なのか台湾なのかを明らかにしてもらいたい。それによって、日本外交も左右する事態になる。「分かったかな、蓮舫さん。」李登輝元総統に聞いてから日本に再入国しろ。

「真っ当に学べ。」

#民主党 #立憲民主党 #国民民主党 #蓮舫 #法の支配 #立憲主義 #憲政の常道 #実質的当事者訴訟 #入国管理局 #国会議員要件 #遵法責務義務 #自分のことはさておき政党民主党 #応報原理 #ブーメラン効果 #山口二郎 #紺屋の白袴 #釈迦に説法 #真っ当な司法を求める #鎌足農業 #不法移民 #不法滞在者 #強制送還 #特別永住者制度 #YellowJournalism #問う資格がない #刺し違え #同士討ち #永田町崩壊 #霞が関崩壊 #南関東爆破事件 #秋元優里が笑う所 #東京Scrap #公職選挙法違反 #2019年参議院選挙の前哨戦 #法曹資格を有してもいない国家公務員採用試験合格組の素人政治家 #役人も素人 #資格任用制なんて嘘 #縁故採用 #トンビが鷹に問う #証拠より論 #要件効果論 #囚人のジレンマにある蓮舫 #真っ当に学べ

2

天誅ジャーナル 総論シリーズ 玉音放送中

剣の会代表。平家。漢。Machiavelli. 大義と真鋭。送り人。11条20条残存廃憲。占領期日本、科学と理性、議論の技法、法哲学、応報原理、中国法、短気な意思決定、Realism、動的PA理論、Катюша、新自由主義と超国家主義。日露関係。総理主義。島根と山口の血。剣の刃。

逝け逝け戦後日本人 立憲主義の民進党死ね死ねコール由来。

戦後日本を解体するために、祖国日本から穢い雑草である穢多非人の非国民である戦後日本人を引き抜く。戦後日本人をあの世へ逝かせる。端的に言うと、Americaは、日本国憲法改正には反対だが、戦後日本人が逝こうがどうでもいい。故に、戦後日本人を逝かせる方が先。専門は、NormとM...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。