赤塚賞佳作 受賞のご報告

ジャンプのギャグ漫画賞、赤塚賞 佳作 頂きました!

コミティアの出張編集部でジャンプSQの編集担当付きとなってからちょうど1年、このような結果を出すことができて本当に良かったです。
今期の赤塚賞受賞は自分だけなので、若干鼻高です。考えようによっては低調回じゃなかったら受賞できなかったかもしれないので、運が良かったのかも。

講評は…え?本当なの?これ僕のこと言ってるの…?このお三方が…え?これは夢??

以下長々と


過去 < 今

この受賞作は9月頃に完成したものです。

漫画描く人あるあるで「時間経つと面白くなくなる現象」っていうのがあります。
この受賞作も自分にとって過去の作品で、正直今となっては面白いのかわかりません。っていうか色々と反省点が…

そんな過去の作品を評価されたということは、それを描いてた頃の自分を評価された ということ。
ただ、過去と今の自分は違うわけで。
やっぱり、常に今の自分が評価された方が嬉しいんです。
だから今もひたすら描き続けなければいけないのです。

もう呪いです。助けて下さーーい。アナタガァトゥキダカラァーー


漫画を描く原動力

かつては他人の良作を見ると、そこから生まれる嫉妬を食べて創作活動の原動力にする、悲しきモンスターでした。
でも今は「それぞれ違う畑で頑張ろう!」って感じです。みんなちがってみんないい。(但し、同じ畑のギャグ漫画描きには悲しきモンスター発動です。)

では、今の原動力は何か。それは。
「過去の自分への嫉妬」です。
過去の自分への敗北、それすなわち退化。

うわっ…キモッ…カバディカバディカバディカバディカバディカバディ…

嫉妬の自家発電。でもこれ永遠に幸せになれないじゃないですかー。振り返るといつもヤツが…ついにプルサーマル発電に手出しちゃったかあー


年齢

年齢から来る焦りというのは正直感じないです。(別の焦りが…)
絵を描き始めて6年目、漫画は3年目。
よくここまで来れたもんだと、素直に自分を褒めてあげたいです。
他の事では人よりできない事だらけで、常に劣等感を抱いて生きて来たので、やっと報われた感じです。


次の目標

ジャンプSQの増刊号に掲載することです。

本職の社畜は…まだ続けます…いやいやだけど。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

12

ウンポーコ

ギャグ漫画を描くぷろろ / 【掲載歴】ジャンプSQ.増刊 2019冬号 ・2017春号・夏号/ 【連載歴】笑うメディア クレイジー http://curazy.com/manga/51 / 赤塚賞 佳作 / 4コマのお仕事募集中

おきにいり3

いいなと思ったnoteを集めるよpart3

コメント2件

おめでとうございます!
ありがとうございます!これからも精進いたします!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。