iPad ProをMacBook化するキーボード③使用編

前回に引き続きレビューしていきます。
前回までの話はこちら↓
iPad ProをMacBook化するキーボード①
iPad ProをMacBook化するキーボード②開封編
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

前回、iPad Pro用のキーボードBRYDGE PRO 11.0を装着しました。今回は、使用感やメリット・デメリットを含めてレビューしていきたいと思います。

ここがいい(メリット)

キーバッグライト
装着してわかるのが、バッグライトです。Apple公式のiPad Pro用キーボードSmart Keyboard Folioにはありません。Smart Keyboard Folioが悪いわけではないのですが。ちょっと暗い場所で作業する場合、バッグライトがあるとだいぶ違います。

キーボードの角度
画面を開くとわかるのですが、キーボードに傾斜がかかります。このちょっとした傾斜がタイピングをよくしてくれます。現在のMacBook Airもキーボードに傾斜がついてますね。また、キーボードを押している感覚もきちんとあります。(従来のMacBookと同様の感覚です)意外とキーボードの感覚って重要で、キーボード操作を長時間または長文入力などする場合はストレスにならないものとしなければいけません。

動画鑑賞モード
iPad Proとキーボードは簡単に取り外しができます。iPad Proを反対にして装着することで、動画や映画、電子書籍などの鑑賞モードにすることができます。これは、Smart Keyboard Folioでもできます。BRYDGE PRO 11.0は、安定感に優れています。

ここがNG(デメリット)

キーボードの重さ
おそらく、このBRYDGE PRO 11.0を装着した人なら誰もが感じるでしょう。軽量アルミを使用したキーボードとは言っても重いです。Smart Keyboard Folioと比較してしまうと、全然違います。BRYDGE PRO 11.0の重さは、約550gあります。iPad Proに装着して持ち運ぶなら、iPad Proを2つ持ち運んでいるような感覚です。なので、外出先でiPad Proの作業をする場合、自分はどんな作業をするのかを想定してキーボードを選ぶといいと思います。単純なブラウジングのみであればSmart Keyboard Folioが優秀です。ただ、文書作成などブラウジングから一歩踏み出した作業をする場合や長時間のタイピングをする場合は、しっかりとしたキーボードを使用した方がいいです。

あれ?トラックパッドない
もう一つNGな点をあげるとすれば、BRYDGE PRO 11.0を使用していると、その見た目がもうMacBookであることからiPad Proであることを忘れがちになります。今までMacBookを使ってきた私は、トラックパッドに慣れてしまっています。そのせいかタイピングやブラウジングの途中でトラックパッドに触りがちです。BRYDGE PRO 11.0には、もちろんトラックパッドがないため、あれ!?あ〜これiPad Proだった。と不思議な気持ちと残念な気持ちになります。それだけ、キーボードデザインの一体感がすごいのでしょうが。もし、BRYDGE PRO 11.0にトラックパッドが装備されたのなら、最高のiPad用キーボードになりうるのではないかと思いました。ただ、iPadは画面をタッチして直感的に操作できるので、むしろそこに慣れてしまえばいいのかもしれないですね。

実際にタイピングしてみる

はい。みなさんがよくやっているスタバでMacをしてみました。周りを見渡すと、どこもかしこもMacBookだらけ。そんななか、私はiPad ProにBRYDGE PRO 11.0キーボードを装着し戦闘開始です。誰も私のようなスタイルの人はいませんでした。勝手に勝った感あります。いや、でも勝負はこれから。実際にタイピングを進めてみます。実は、ここまでの3編(iPad ProをMacBook化するキーボード①〜③)はすべてこのiPad Pro + BRYDGE PRO 11.0で書き進めてきました。最初はキーボード操作に違和感ありましたが、慣れてくると全く問題ありません。今まで使っていたMacBook同様にタイピングできてます。キーの押しやすさは、キーとキーの間隔にもあります。キーボードが11インチタイプのデザインなので、その小ささに不安がありましたが、キーとキーの間隔が絶妙で打ちやすいです。しっかりタイピングできます。

まとめ

ということで、今回の「iPad ProをMacBook化するキーボード」のレビューを私なりにまとめていきます。まとめは次の記事にて↓
iPad ProをMacBook化するキーボード④まとめ編



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

トレーニングや体づくりにおける健康管理など投稿します。たまに経済や考えてること。

ありがとうございます!!!
1

N

デザイン/テクノロジー/経済/トレーニング
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。