見出し画像

iPad ProをMacBook化するキーボード①

かっこよくて使い勝手がいいキーボード見つけました。あまりにもかっこよすぎたので、レビューしていきます。

来たるiPadOSに備えて

iPadOSが2019年秋に公開されるということで、個人的にすごく注目しています。iPadがPCの代わりになるんじゃないかとわくわくしてます。ということで、慌ててiPad Proの11インチモデルを購入しました。iPad Proは、Apple Pencilとの相性が良く、よりクリエイティブに使えます。これを使うと手軽に手書きメモを取れるので、わざわざノートを持ち歩く必要もありません。

iPadOSについて(https://www.apple.com/jp/ipados/ipados-preview/

そんなiPad ProにiPadOSが導入されたら、簡単な作業であればPCをわざわざ持ち運ばなくてもよくなるのではないかと思いました。ただ、1つ思うとすれば、文字入力です。PCでのタイピングに慣れているせいか、iPadでの文字入力は微妙だなと思ってました。

キーボードに何を求めるのか

(出典:Apple Smart Keyboard Folio)

AppleではiPad用にSmart Keyboard Folioという公式のキーボードを販売しています。
公式が出しているキーボードは、かなり使いやすいです。キーを押している感覚もあり、キーの配列と空きの間隔がタイピングをしやすくしています。すごい使いやすいけれど、ちょと微妙なところがありました。自分はタイピングする時、どんな感じでしているか考えてみます。

・膝のうえにMacBookを置いて作業
・画面の角度を姿勢に合わせて変えながら作業

Apple公式のSmart Keyboard Folioでは、キーボードの特性から、膝の上での作業は不向きです。また、画面の角度は2段階の調整のみです。細かい微調整はでいません。そこでほかのキーボードを探していました。

これがiPad ProをMacBook化させるキーボード

やっと見つけました。その名は「BRYDGE PRO 11.0」。こちらのキーボードは、MacBookを思わせるようなキーボードデザインとなっています。というか、MacBookのキーボードそのままじゃないか?と思います。唯一違う点といえば、トラックパッドがないくらい。このBRYDGE PRO 11.0は、膝のうえにおいての作業もしやすそうで、また、画面の角度を無段階に調整できます。デザインもiPadとの一体感がすごい。ただ、現在日本での販売店がないため、米国から取り寄せとなります。10日程度で日本に届きます。それでは、いざ開封していきましょう!

BRYDGE PRO 11.0開封編

さてさっそく開封していきましょう。BRYDGE PRO 11.0は、どんなキーボードになっているのでしょうか。NEXT、iPad ProをMacBook化するキーボード②開封編

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

よろしくお願いします。

ありがとうございます!!!
1

N

恵比寿ウォーカー/グルメ/トレーニング/体験
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。