modularsynth 2019,0603

キック、ハット、クラップのフレーズをフィルターに通した音と、ベースのフレーズを重ねて遊んでます。
キックは普通の四つ打ちに、2カ所ほど〝確率50%〟ぐらいでトリガー追加される感じにしてみました。ハット&クラップは、ハットのみピッチがランダムに動くパッチングをしつつ、フレーズはユークリッドシーケンサーで、半自動で作り出して、変化させてます。
フィルター自体はローパスですが、ADSRではない変態エンベロープ(笑)を、ドラムの時間軸とは違うタイミングでループさせてフィルターをドライブさせてます。
片手で動画撮りながら、残り片手で何かするには限界あります(爆)
出音云々よりも、時間軸に思考を巡らせるプロセスが楽しいです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

うにょ303

モジュラーシンセのライプや電子音楽イベントの企画をしています。 また、カフェやギャラリー等の店舗内BGMを、モジュラーシンセで奏でる活動もしています。 お気軽にお問い合わせ下さいませ。 P.S. ヨウムを飼ってます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。