見出し画像

早くなりすぎたコマは、いつか吹き飛ぶ

時間の流れが、どんどん早くなっていく。二十歳のころ、当時のアルバイト先のパートさんに「これからは坂道を転がり落ちるように早いよ」と言われたのだけれど、本当に毎年月日が過ぎ去るのが早くて、紐を引っ張られたコマのような気持ちになる。

この体感時間の早さは、もう二度と元に戻らないのだろうか。そう母に尋ねてみたことがある。

母は、「母さんはあんたを産んだあと、動き始めるまでの一年はゆっくりだった気がする」と答えた。そのときに、すでにわたしは二児の母だったから、「え、じゃあ、もうわたしは早まる一方じゃん」と返し、これ以上早くなるとわたしはおかしくなるんじゃないかと思った。


それから、おそらく二年程度が経過していて、やっぱり時間の流れはさらに早まった。

話題になったニュースが平気で三年前だったりすることはザラだし、ヒット曲などはもっとだ。マンガの連載開始時期も、平気で「祝5周年」「祝10周年」などと銘打たれていて、ぎょっとすることがある。


これは、でも、わたし個人のなかだけの感覚なのだよな。そんな当たり前のことを、子どもたちを見ていると思うときがある。

小学生、中学に入るころまで、わたしの周りに流れている時間は穏やかで、ゆっくりだった。二学期なんて、とんでもなく長かった。だからこそ、夏休みの終わりが切なかったのだ。一週間は絶望的に長くて、だからこそ、生きていられなくなる10代がいるのだろうとも思う。

過ぎ去った大人が、同じ時間軸で10代のつらさを語ってはいけないのだ。


今、わたしの子どもたちは幼稚園児だ。きっと、彼らが感じている時間は、とてつもなく長いのだろうなあ、と思う。

それでも、親のわたしの感じる時間は、めまいがするほど早い。

異なる感覚を持ち合わせている人間が、同じ“24時間”を生きていることが、突然、感覚的に理解できなくなることがある。そうして、ふわっと底が抜けて不安定になる。


わたしの時間は、死ぬまで加速度的に早まる一方なのかなあ。

今でさえ、実際の流れと自分の流れがズレていて大変なのに、これ以上早くなってしまったら、わたしはへばってしまうのではないかなあ。

先輩方、いかがですか?




#エッセイ #コラム #ブログ #日記 #わたしのこと #編集note

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

お読みいただきありがとうございます。サポートいただけました暁には、金銭に直結しない創作・書きたいことを書き続ける励みにさせていただきます。

お読みいただきありがとうございます!
25

卯岡若菜

フリーライター。心に響くコトバが好き。 blog→ http://yotsubakuma.com/ Twitter→ https://twitter.com/yotsubakuma Instagram→ https://www.instagram.com/yotsubakuma/

宛先のない手紙

真っ白な手紙を誰に届けよう ありったけの想い込めて 言葉綴った、 「宛先のない手紙」 短文、詩、つぶやきのようなもの。 気が向いたときにさくっとお読み頂ければ、うれしいです。
1つ のマガジンに含まれています

コメント4件

私もどんどん速くなっている気がします。37歳です。20歳の時の一年って、人生の1/20でつまり5%ですが、37歳の今は1/37、つまり2.7%ほど。そう考えると、体感速度としてはハタチのころの倍のスピードかなと思います。勝手な理論ですが。

そういえば、時間は一定の速度なのかと疑った芸術家に、サルバトール・ダリという人がいました。
ありがとうございます!あわわわ……それでいくと、80歳のころはどうなってしまうのでしょう……。最後はまたゆっくりになったり……しないものなのでしょうか。ダリ!!そうなのですね。知らなかったです。結論は出たのでしょうか。
怖いですねえ。
ダリ、結局ゆがんだ形の時計を作ったりしていました。
あ、知ってます、でろーんとした時計ですよね。それ、時間に関するところ発端だったんですか……。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。