いまさら訊けないDropboxの使い方(ブラウザ編)

フォロワーさんにファイル共有サービスについて相談されたので、Dropboxによるファイル共有方法を紹介します。なお、同一マシンを使っているため、Webブラウザからの操作のみ紹介します。

Dropboxアカウントの作成

Dropboxのファイル共有機能を活用するには、Dropboxアカウントを作成する必要があります。

名前、メールアドレス、パスワードを入力して「規約に同意します」にチェックを入れ、「アカウントの作成」ボタンをクリックします。このとき、入力したメールアドレスに確認メールが届いているので、認証してください。

共有フォルダを作る

ログインすると、上のようなホーム画面が表示されます。赤丸で囲んだ「共有」をクリックしてください。

このアカウントではまだ共有フォルダが作られていません。「新しい共有フォルダ」をクリックして、共有フォルダを作成しましょう。

「新規フォルダを作成し、共有する」を選択し、「次」をクリックします。

今回は仮に、アンソロジー用の原稿を共有したいとしましょう。新しい共有フォルダ名を入力し、「次」をクリックします。

新しい共有フォルダ「アンソロ原稿」を共有する相手のメールアドレス(Dropboxアカウントに使用しているメールアドレス・複数入力可)を入力し、必要であればメッセージを添えて、「フォルダを共有」をクリックします。

「共有」画面に戻ると「アンソロ原稿」という共有フォルダができています。試しに開いてみましょう。

開くと、あなたと、あなたが招待したメンバーが表示されています。このとき、あなたが招待したメンバーはまだファイル共有に合意していないので、「Unknown」として表示されます。

招待された方のアカウントで共有フォルダ画面を開くと、「アンソロ原稿」フォルダへ招待されている旨が表示されるので、「承認」をクリックしましょう。

「アンソロ原稿」フォルダを共有することができました。それでは、何かファイルをアップロードしてみましょう。

ファイルを(Windowsの場合は)Explorerからブラウザへドラッグ&ドロップするだけで、ファイルのアップロードは完了します。それでは、このファイルはもう一人のメンバーにどう表示されているのでしょうか?

招待したメンバーがアップロードしたのが画像だったので、サムネイル付きで、最終編集者の名前と共に表示されています。

アップロードされたファイルが画像や画像統合済みのPSDファイルの場合、画像とともにコメント入力欄が表示されます。間違いがあったら指摘してあげましょう。ちなみに、「共有」ボタンをクリックするとメンバーでなくても直接ファイルにアクセス可能なURLを取得できます。

基本的な操作は以上です。

アドバイス

共有フォルダを作成し、メンバーを招待するのは既にアカウントを持っている作業者が行うとスムーズにことが進むでしょう。

招待する側・される側共に、Dropboxの容量が十分に残っているか確認しましょう。

フォルダごとアップロードすることも可能なはずです。試してみてください。「画像の統合」が行われていないPSDファイルなど、容量の大きすぎるファイルはアップロードに失敗する傾向があります。(Dropboxのデスクトップ・アプリケーションを使用する場合、この限りではありません。)

このノートは投げ銭コンテンツです。役に立ったら。是非私に缶コーヒーをおごってください。

この続きをみるには

この続き:0文字

いまさら訊けないDropboxの使い方(ブラウザ編)

Webを泳ぐ腐女子

120円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

Webサービスどうでしょう【同人編】

同人活動に役立ちそうなWebサービスを紹介しています。各ノートは投げ銭式です。気が向いたら缶コーヒーおごってください。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。