UQ(ゆーく)が行く。

3
ノート

UQiYOについて勝手に語ってみた。(本人達無許可)

今日はUQiYOのフロントマンであり友人の加藤くんと渋谷のタワレコカフェで打ち合わせだった。

彼らとはレーベル関連でもNPO関連でもいつもお世話になっており、個人的にも物凄く好きなバンドだ。

バンドか?バンドなのか?

UQiYOはバンドという言葉では表現しきれないほど様々なプロジェクトを自ら推し進めるクリエイティブ集団だ。

僕が初めて聴いたUQiYOの曲は「At The Star Camp

もっとみる

医療福祉系セレクトショップをオープンするという一大決心をした僕の心の変化と店名のヒミツ。(超絶長いです)

僕は一大決心をした。

マグロのように動き続けていないと生きていけない僕が、店舗をやるのだ。

店舗をやるということは毎日毎日そこには人が来て何かしらの活動を行うということ。

僕はほぼそのお店には居れないので本当の意味で信頼出来る人物に任せないといけない。

何気に慎重派の僕にとっては、「場所の運営」というのは一大決心だった。

今までイベントやデザインの事業しかやってきてない。

店舗といえば

もっとみる

DE DE MOUSEとno entryと漁港がコラボする医療福祉関係者限定の船上パーティ(しかも参加費無料という奇跡。)

【AMA Oyster Cruise 〜ゆらゆらしながら海士町に想いを馳せる〜】
島根県の北、日本海に浮かぶ「海士町(あまちょう)」。自給自足のできる半農半漁の人口約2400人の離島に、今注目が集まっています。
目におさまりきらないほどの大自然に、海の幸や大地の味覚、そしておかしな人々!?その魅力に取り憑かれた島外のU、Iターンの人々が人口の約1割を占めています。
そんな海士町の魅力を舌で体感して

もっとみる