【note版】ノート・マガジン・有料・無料、その関係を図解でまとめます

[note初心者向けマニュアル]ノート・マガジン、有料・無料、その違いを図解 | さいとうサポートより転載

note、ちょっとのぞいて見たけれど、有料ノートを買う、売るってどうしたらどうなるのかわからない。

ノートとかマガジンとか色々あって、どれを買ったらいいか、売ったらいいかわからない。

そんな方の為に、わたしが試行錯誤してわかった部分を図解でまとめました。

実質無料公開です。どうぞ!

無料ノート(単品)は誰でも見られます

まず、最初の一歩。無料で公開されているノートです。

まずノートは、5種類のコンテンツを配信できます。

・トーク(140字以内の短文)
・テキスト(ブログ記事のように見出し+テキスト+あれば画像)
・イメージ(写真やイラスト、マンガなど画像主体、文字はキャプションのみ)
・サウンド(音声、音楽。ファイルをアップロードする)
・ムービー (動画。YouTubeなどから引用してくる)

無料ノートは、誰でも見られます。

noteのアカウントが無くても見られます。

「いいね」にあたる「スキ」やコメントはアカウントがある方のみできます。

また、FacebookやTwitterなどSNSにもシェアできます。

たぶん、noteの中にあると気づかずに、普通のブログのように読まれている方も多いかと。

有料ノートは買った人だけ有料エリアを見られます

有料ノートは発行者が100円~自由に値段が設定できます。

公開する時に、無料or有料を選べ、有料を選べば金額を入力し、テキストであれば無料範囲を設定できます。

スタンダードなのは導入部分は無料、続きは有料ですね。

他にも、ほとんどすべて無料部分で、最後に「読んで面白かったら100円ください」と有料部分を設定して、買ってくれた人にはお礼のコメントとか、おまけ画像をつけておく、という投げ銭スタイルもよく見られます。

画像、サウンドも有料ノートにできますが、動画は単品の有料ノートにはなりません。
人の作った動画をYouTubeから持って来て課金したりできちゃいますからね。

購入時は、クレジットカード決済か、大手携帯キャリアのまとめ決済が使えます。
(わたしはMVNOの格安スマホなので使えません。クレジットカードのみです)

後から値上げ・値下げもできます

売り出し時は100円にしたけど、後から1000円に値上げ!なんて自由にできます。

逆に、1000円で出したけど、(売れないから)800円にしました。とか、タイムセールで○時まで500円!とかできます。

でも、買った人は買った時の価格で、いつでも読み返せます。

内容も随時加筆修正できます

これは無料版もですが、ノートは後から追加や修正ができます。

有料ノートなら、更新したことを購入者に知らせるかどうかが選べます。

誤字脱字を見つけたからこっそり直したり、内容を大幅に書き足したからまた見て!と通知することができます。

発行者が消しても購入者には残ります

購入したノートやマガジンは、購入者の「ライブラリ」に保存されます。

もし、発行した人が何らかの事情で公開中止したとしても、既に購入した人は見る・再生することができます。

ノートをたばねるマガジン(無料)

さて、ここらへんからややこしくなる「マガジン」について解説します。

マガジンは、ノート(トーク、テキスト、サウンド、イメージ、ムービー)を束ねる入れものです。

ブログのカテゴリに近いですね。

まずは無料のマガジン。

ここに含まれている無料noteは誰でも見られます。

マガジンを「フォロー」できます。

読みたい話題についてまとめたマガジンをフォローしましょう。

自分が作ったnoteも、他人が作ったnoteもまとめられます。

これが無料マガジンの特長です。他人のノートも自分のマガジンにまとめられます。

「○○が感動したノートまとめマガジン」とか「青森暮らしお役立ちノートまとめマガジン」とか作れます。

自分専用マガジンも作れます。ここに収めたノートは自分しか見られません。秘密ノートですね。

無料マガジンの中に有料ノートも入れられます。

その場合、有料ノートは読みたい人が個別に購入することになります。

有料マガジンも作れます

このノートを束ねたマガジン自体を販売することもできます。

こちらも価格は自由に設定でき、随時変更することができます。

購入者は買った時の値段で継続できるのも有料ノートと同じです。

人のノートは有料マガジンに入れられません。

人のふんどしで相撲はとれないってことですね。

有料マガジンに入った無料noteはマガジン購入者のみ見られます。

マガジンを購入していない人はタイトルしか見えません。

有料マガジンに入った有料noteは、マガジンで買うかノートで買うか選べます。

たとえば、わたしがしたように200円のノートを300円のマガジンに入れた場合。

200円+300円=500円になるのか?→違います。

200円で単品のノートを買うか、300円で他のコンテンツも含むマガジンを買うのか、購入者が選べます。

最初、それがわからなくて、200円のノートが入っているマガジンを100円で出しちゃいました。

ほんの数秒間だったので、それで買った人はいませんでしたが。

この記事を書いている時点では1000円のフリーランス事務代行屋の舞台裏には、500円のノートと、100円のノートと、マガジン購入者だけが読める無料ノートがいくつか入っています。

先に単品ノートを買っていただいた方が、後からマガジンも買ってくださったケースもあります。

この場合は合計1500円。返金対応はできません。

でも、先にお試しで500円払って読んで、その上で今後に期待して1000円追加していただいたと思って、これからも内容を追加していきます。

そして、内容が増えていったら、マガジンの値段を上げるつもりです。
買うなら今ですよ!と煽っておきます。

【3/1追記】プレミアム機能でコメントのオン・オフできる
【4/1更新】有料noteへのコメントは買った人しか書けない

現時点ではコメントの受付をするかしないかの設定ができません。
→プレミアムプランに加入でできるようになりました

しかし、有料マガジンに含まれている無料ノートのコメント・スキはマガジンを買った人じゃないと見られないようです。
→2016年3月31日より投稿されているコメントは誰でも見られるようになりました。

2016年3月31日以降、有料ノートへのコメント投稿は購入者のみになりました。

そう言われれば、今まで有料ノートは買わなくてもコメントできたんですね…。

この記事のように全文無料で閲覧できるけれど最後に課金設定している「おひねり」形式のノートに影響がありそうです。

継続課金マガジンは一部のみリリース→3月1日プレミアム会員向けにリリースされました。

はあちゅうさんの月刊はあちゅう (ほぼ毎日更新)|はあちゅう|noteや、イケダハヤトさんの今日はどんな実験をしよう。|イケダハヤト|noteなど、雑誌の定期購読のように毎月課金するマガジンもあります。

2016年3月1日よりプレミアム会員(月額500円)になると、継続マガジンを申し込みできるようになりました。

公式より>プレミアム会員|note https://note.mu/premium
継続マガジンについて> https://note.mu/subscription

読んでみると、このような流れになっています。

1. 継続マガジンにしたいコンテンツで、自分だけが読める無料マガジンを作る
2. プレミアム会員になる
3. 専用フォームから継続マガジンにするための申し込みをする
4. 運営の審査を通過したらメールが届く
5. 継続マガジンを販売できる

【注意点】

・継続マガジンで運営に払う手数料は、売上-決済手数料(クレジットカード5%)-20%(通常の有料noteはここが10%)

継続課金マガジンは、初月無料です。翌月の1日から課金開始。
(ちなみに、初月無料は1度だけです。初月末に解除して翌月に再購入したら即課金になります←実験済み)

・買う側の決済はクレジットカードのみ。

継続マガジン以外のプレミアム会員特典

1.マガジンの上限が21→1000冊に
2.コメント欄のオン・オフが設定可能
3.予約投稿が可能

ただし、これらの機能はWEBブラウザからのみ、現状はアプリ非対応です。

また公式アナウンスがあれば追加していきます。

おひねり的なサポート機能もあります

ノートやマガジンを買う他に、「クリエイターをサポート」というメニューからおひねりを投げることもできます。

「この人、無料ノートばかりだけど、何かお礼をしたい!」という時に。

「いや、お金なんていっさい受け取りたくない」というクリエイターはサポートを受けない設定もできます。

【note公式のガイド】

アカウント作ってから、あれどこだっけ?と探しても手間がかかるのでまとめておきます。

・FAQ→よくある質問|note
・クリエイター向けガイド→note ――つくる、つながる、とどける。
・利用規約→ご利用規約|note

気になる決済手数料についてはこちら
3-8. クリエイターがコンテンツを販売する際に引かれる手数料を教えてください。|よくある質問|note

フリマみたいで楽しい!

何を買うか、どう売るか、いくらで買うか、いくらで売るか?
これを考えるのがとても楽しいnoteです。

フリーマーケットやオークションやったことがある人にはわかりそう。

アカウントを作るのは、FacebookやTwitterなど他のSNSからの連携もできますし、なくてもメールアドレスとパスワード決めるだけでできます。

有料ノートを買うつもりがなければ、クレジットカードも登録しなくていいです。
買いたくなったらその時に登録。

気になっている人は、まずアカウントを作って、好きなクリエイターやマガジンをフォローすると、自分のタイムラインに流れてくるので、気に入ったものをながめてみてください。

あなたの楽しいnoteライフにこの記事がお役に立ちますように!

-----------------------------------------

この記事は、さいとうサポートblogからの転載に一部修正をしたものです。

転載元>note、マガジン、有料、無料、その関係をまとめます | さいとうサポート

この続きはありません。

しかし、100円で購入していただくと、こんな良い効果があります。

1)あなたの「ライブラリ」に保存されるので、いつでも読み返せます。筆者が消しても読めます

2)規約や運用ルールが変わった時、この記事に加筆修正して更新通知を送ります

3)筆者のモチベーションが上がり、今後もnoteのお役立ち記事を書くことにつながります

ご購入いただかなくても、シェア、リンク、マガジンへの追加は大歓迎です。

楽しいnoteライフを!

さいとうサポート http://saitoumikako.com/
斎藤美佳子 @urabetti

この続きをみるには

この続き:0文字

【note版】ノート・マガジン・有料・無料、その関係を図解でまとめます

さいとう みかこ(うらべっち)

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしていただいたお金は、子どもと出かける時の費用にさせていただきます。ありがとうございます。

kiss!
43

note活用マガジン

斎藤がnoteを活用する時のtipsをまとめます。
6つのマガジンに含まれています

コメント11件

>ごっとんさん
ありがとうございます! お買い得だったと思っていただけるように今後も更新していきますね。
>岩山きみたけさん
ありがとうございます。ご活用ください。
>玉那覇 勇助さん
わたしも1ユーザーでしかないので、公式の資料にある以上はわかりかねます。
プレミアムの説明にファイルサイズの文字は無いので、そこは変わらないかと推測していますが。

ただ、5MBの投稿容量というのは「イメージノート」のお話しでよろしいでしょうか?
イメージノートは、1枚5MB以内の画像を最大30枚投稿できます。
どれだけ高画質の画像をアップしても、横幅1280pxになっています。ダウンロードすれば4.5MBの画像が258KBに縮小されていました。つまり、高画素でアップする必要は無いのではないかと。
実験しましたので、ご査収くださいませ。
https://note.mu/urabetti/n/n3fcecf72fd09
1ノートにつき5MBまで×30枚ですから、30ページまでは1ノートにアップできますね♪
縦幅調べてませんが、横幅は1280pxにしてからアップした方が画質が良いという結果を得ました。わたしも参考になりました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。