uracon

ゲーム作家です。「破局ダイス」「勇者、27歳、独身」などを作っています。

遊んだボードゲームの感想#3

四季折々

和菓子を並べて得点を競うタイルゲーム。自分のボードには一切触れず、他プレイヤのボードが高得点になるよう並べるシステムがユニーク。頭の使い方が独特で、季節や和風イメージが花札を彷彿とさせ綺麗。

ナインタイルパニック

9枚のタイルを並べてお題に沿った街を作るタイルゲーム。プレイヤ全員が同じ目標でやってるはずなのに全然違う街ができるのが面白い。一度ハマってしまうと中々完成まで辿り着けず、

もっとみる

遊んだボードゲームの感想#2

クラッシュアイスゲーム

ペンギンを落とさなように氷のブロックを崩していくゲーム。タイルが六角形なので、崩れるか崩れないかがパッと見で難しく緊張感がある。

ひっつきカメレオン

粘着性のあるゴムを使って素早くタイルを集めるカルタ。コンポーネントが独特で、投げるアクション自体が楽しい。

RainbowKnights

透明のタイルを繋げて道を伸ばしていくゲーム。単純ながらも、最終的に出来上がった

もっとみる

遊んだボードゲームの感想#1

アグリコラ(2人用)

牧場を作って動物を増やすワーカープレイスメント。元々のアグリコラの楽しさをそのままに、「社員の給料が払えなくて火の車」といったストレスが軽減されてシンプルに。2人用なので相手のボードもよく見るようになり、ゼロサムゲームをより強く感じる。

タイムボム

爆弾魔と警察に分かれて戦う正体隠匿系。お互いの手札だけでなく、味方陣営の正体も分からなくて緊張感がある。運ゲーのように見え

もっとみる

#unity1week で面白かったゲーム

Auto Dice Battle

ユニットを集めてダイスを振って戦うゲーム。AutoChessの気持ちよさを残しつつ、戦闘部分がダイスになってるのも面白いです。
https://unityroom.com/games/auto_dice_battle

ゆうしゃあつめ

お金を集めてユニットを強くしてボスを倒す拡大再生産のゲーム。RPGやローグライクの楽しい部分が凝縮されてます。時間経過で終了す

もっとみる

これぞデジタルゲーム――人狼から見た『グノーシア』の魅力

グノーシアを一言で言うと「1人で遊べる人狼」です。

グノーシアは嘘をつく。人間のふりをして近づき、だまし、そして身近な人間を一人ずつ、この宇宙から葬り去る――。

プレイヤは閉鎖された宇宙船の中で人間に擬態した宇宙人『グノーシア』を探し出し、多数決で殺します。他人がグノーシアかを判定できる「エンジニア」、グノーシアの襲撃を阻止する「守護天使」など、アナログゲームの人狼でお馴染みの役職も登場します

もっとみる

デジタルゲームとアナログゲームを同時に作った話

こんにちはuraconです。破局ダイスについて語るnote第4回の話題はアナログゲームです。

破局ダイスは元々モバイルゲームとして開発されていたのですが、リリースとほぼ同じタイミングでアナログゲームも頒布しました。アナログ版もダイスを振ってお守りを集めるゲームなのですが、デジタル版と違って本物のダイスを振り、お守りの収集も1人で集めるのではなく皆で奪い合うゲームです。

今回のnoteではアナロ

もっとみる