見出し画像

【雑感】最近のGoogle検索結果の順位変動について【SEO】

さて山の日ですね。外に出るだけで汗が噴き出して、暑くて仕方ないので、いつも通り(?)自宅に引きこもっています。

朝に各媒体の管理画面をサクサクとチェックしてからは、食事は毎食パスタで、時々コーヒー飲みながら、ナッツ類をつまんで、東野圭吾の小説をいくつか読んで、息抜きにYoutubeやAbemaTV見たり、気が向けば詰め将棋を解いたり、棋書を開いて、将棋盤で並べたりして過ごしています。


なんという(孤独で切ない)充実感!


相変わらず、前置きが長いので本題に移りますねw


最近のSEO、正確に定義するのであれば「GoogleのSEO」について、お話していきたいと思います、ハイ。


結構、検索結果自体が【ご乱心】というのが、第一感です。


完全に主観なんですが、とあるキーワードで1位を数年間、維持していたサイトが3位に急落していて、今月は衝撃を受けてしまいました。


ヤプログ!の閉鎖も何気に衝撃的ですが。。。


数年間1位を維持していても、順位が下がることは経験としては、いくらでもあるのですが、それは競争が激しいキーワードの話であって、競合がそもそも存在しないキーワードで、そんな事態が発生していたので、衝撃的でした。


あまり詳しくは書きませんが、逆SEOを仕掛けているキーワードで、自分が管理しているサイトで特定のキーワードで10位以内までを全て埋め尽くしているので、ある意味、コントロール下にあるキーワードと言えます。


ただ、逆に考えると、グーグルも結構、いろいろな指標の順位付けというか、重みづけを微調整しまくってて、この検索結果になっているんだなーというのが見えるので、面白いといえば、面白いです。


賛否はあると思いますが、いろいろと迷走している感のあるグーグルの検索結果よりもBingやDuckDuckGoの方が、今の自分にとっては自然な検索結果になっていると思ってます。


最近のGoogleは検索順位に拘泥するのではなく、利用者に検索結果画面でコンテンツを表示させたり、そもそも検索行動を起こす前にDiscoverを軸として、コンテンツを表示させたりと、「検索結果」ではない部分に視点が移っている気がします。


Discoverに関しては、日本国内では「iPhone × Safari」が主流なので、個人的には普及しないだろうなという印象はあります。要因はSEOの話とはズレるのであまり書きませんが、本当に一部だと思います、普及するのは。


ともあれ、Facebookが検索分野に参入する動きをしていたり



LINEサーチの動きもあるので


Googleとしては、何としても「検索」の牙城は崩されたくはないのが、本音といえば本音でしょう。


音声検索も、まだまだ普及については未知数なので、主戦場での戦いは続いていきますねー


そんなこんなで、SEO雑感を書いてきましたが、いかがでしたでしょうか?


最後にいつも通り、Google広告学園の告知はさせて頂きますね!



いつも以上に長期休暇の時期は閑古鳥が鳴いてるので、見てもらえると、マジでうれしいです!


最後まで、ご愛読頂きまして感謝!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

10
2005年にSEOに目覚めたSEOコンサルタント。14年目に突入しました。自社メディアもクライアントのWEBサイトも面倒見てます。このnoteでは他では書かない普段思っていることを中心に書いていきたいと思っています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。