カムキエン師の「法の旅」~英語だとaware aware だね!(前編)~


タイ東北部、チャイヤプーム県にある森の寺

スカトー寺。

その先代住職である故カムキエン師は

気づきの瞑想指導者としても、また

開発僧という社会貢献に従事された僧としても

素晴らしい働きをなさいました。

師が海外でお話しされた時の抜粋本

「法の旅(タンマ・ドゥンターン)」

今日からは、中国で瞑想指導をされたときの説法です!

「英語だとaware aware だね!」

のお話、前編です。

 今、中国の皆さんがよくスカトー寺や

ライトハウスに修行に来られて、

気づきの瞑想に取り組まれています。

 そのご縁となったのがカムキエン師の

中国での瞑想指導でした。

 師の朗らかな雰囲気が伝わってくる

今日の説法です!

この続きをみるには

この続き:1,116文字
記事を購入する

カムキエン師の「法の旅」~英語だとaware aware だね!(前編)~

浦崎雅代(Urasaki Masayo)

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

応援やサポートをいただくたびに、これからも翻訳や執筆を続けていこう!と励まされています。

今日も励みになります!
9

月刊:浦崎雅代のタイの空(Faa)に見守られて

タイ仏教、主に森の寺スカトー寺住職パイサーン・ウィサーロ師の説法を中心にタイ語から翻訳。東北タイ、カオヤイに住む浦崎がお届けします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。