【急きょ無料記事にします】カムキエン師ベストセレクション・日めくりカレンダー(15)自分をこれ以上愚かにさせない方法


<1/19 noteさんがシェアしてくださったので、急きょ無料記事にします。

 100円設定ですが全て読めます>


タイの森の寺、スカトー寺の前住職。

故カムキエン・スワンノー師のことばが書かれている

日めくりカレンダーを訳しています。

今日のタイトルは、

「自分をこれ以上愚かにさせない方法」

としました。

修行のポイントを

短い言葉でバンバン伝えてくださる

カムキエン師のメッセージです。

あー、私って愚かだなあ、、

と感じる時がチャンスです!

それ以上愚かにはならない

シンプルな方法を教えてくださっています。

。。。。。。。

第15日目


ハマりこんでしまった時

ハマったままにするのではなく

知ることに変化させていきましょう。


その意味することとは

自分自身をもうこれ以上

愚かにさせない、ということです。


怒りが生じた時

怒りに任せたままにするのではなく

怒りを知ることに変化させていきましょう。


苦しみが生じた時

苦しみのなすがままになっているのではなく

苦しみを知ることに変化させていきましょう。


痛みが生じた時

痛みにさいなまれてしまうのではなく

痛みを知ること、に努めましょう。


老いてきた時には

老いにはまりこんでしまうのではなく

老いを知ること、に努めるのです。


死ぬ時には、死ぬことに翻弄されるのではなく

死ぬという状態を知ることに、努めるのです。


変化させることができるのですよ。


もし知ることができたら

見ることができたら

大したことではありません。

何ものでも、ありませんよ。

。。。。。。。。

浦崎感想


自分の体と心に生じたことを

ただただ知る。

「はまり込む」ことから「知る」ことへ。

カムキエン師の一貫したメッセージ。


はまり込みも、怒りも

苦しみも、痛みも、老いも死も、ただ知る。


具体的に列挙してみると

これらは通常の感覚からすると

そんなに「知りたい」ものではないですね。

直視したくない、といった方が正確かもしれません。


ただ、見たくない見たくないと

遠ざければ遠ざけるほど、逃げれば逃げるほど

追いかけてくるようなものたちだな、と

いうことにも気づきます。


カムキエン師が亡くなられた今、

このメッセージを読むと

自身の死をも、その時を知ることに努められ、

そのごとくに逝かれたことを思い起こされます。


師は亡くなられる数分前、ご自身の直筆で

「ルアンポー(カムキエン師のこと)はもう
 
 逝きますよ(死にますよ)」

と紙に書かれ、

弟子にそのメッセージを託された後

合掌して息を引き取られました。


もう死ぬべき時であると、知っておられなければ

絶対に書けないメッセージですね。

死の直前まで、こんなにも心を高められるのかと

驚嘆するとともに

今ここでの修行に励まずにはいられなくなります。


私は愚かだから、もうダメだ。。。

そんなふうに、自暴自棄になりかけてしまいそうになったら

カムキエン師のこのシンプルな言葉

思い出していきたいと思います。

この続きをみるには

この続き:0文字
記事を購入する

【急きょ無料記事にします】カムキエン師ベストセレクション・日めくりカレンダー(15)自分をこれ以上愚かにさせない方法

浦崎雅代(Urasaki Masayo)

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

応援やサポートをいただくたびに、これからも翻訳や執筆を続けていこう!と励まされています。

Happy!!
15

月刊:浦崎雅代のタイの空(Faa)に見守られて

タイ仏教、主に森の寺スカトー寺住職パイサーン・ウィサーロ師の説法を中心にタイ語から翻訳。東北タイ、カオヤイに住む浦崎がお届けします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。