見出し画像

パイサーン師の説法〜体は怠けると動かなくなり、心は怠けると動き回る〜

売り切れ


パイサーン師のお話(2015年9月1日)の翻訳です。

この内容は昨年ブログにアップして

一番よく読まれた記事です。


タイ語でのお話のテーマは

 「心の流れに逆らって、人生を変える」

でしたが、

 私たちが持っている「心と体」のカラクリについて

 クリアーに教えてくださっています。


 そして最後には

 誰でも人生で一度はやってしまう「アレ」を

 気づきの瞑想にしてしまうという

 とっておきの提案をして下さっています。


 では、私が最もオススメするパイサーン師の説法。

 強気の500円設定ですが、あなたの日常にスイッチ入りますよ!

 ぜひ、ポチッとどうぞ!

 

この続きをみるには

この続き:4,037文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
このマガジンはクラウドファンディング的に使います。購入頂いた方には、以下の3つの情報をこのマガジンに追加していきます。 1)ツアーをつくっていく様子の浦崎からの報告  2)日本で行われる瞑想会や講演の動画(通訳つき) 3)ご購入いただいた方へのプレゼントとして、浦崎の過去有料記事から1つ選んで頂き、このマガジンへ追加とします。

ウィリヤダンマ・アシュラムのお坊さまたちを2019年のGWに日本にご案内して瞑想会や講演会で行います。旅で必要な準備しなければならない...

または、記事単体で購入する

パイサーン師の説法〜体は怠けると動かなくなり、心は怠けると動き回る〜

浦崎雅代(Urasaki Masayo)

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

応援やサポートをいただくたびに、これからも翻訳や執筆を続けていこう!と励まされています。

いつも感謝です!
21

浦崎雅代(Urasaki Masayo)

翻訳家。タイ仏教(主に森の寺スカトー寺関連)の説法を翻訳して毎日お届け。(お坊様方からは邦訳許可、及び翻訳料としてnote収益を一部頂くことを了解済)タイ東北部ウィリヤダンマ・アシュラムに家族で移住。カンポン・トーンブンヌム『いのちの最後の授業』(サンガ)を翻訳出版ほか。

タイの森の寺、スカトー寺の住職パイサーン師の説法

東北タイにある森の寺、スカトー寺。山奥の寺でひときわシャープでハートフルな説法をされるお坊さん、パイサーン師の説法翻訳。
3つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。