画像1

6月9日のサウンド

浦崎雅代(Urasaki Masayo)
00:00 | 00:30
明日の早朝に、主人ホームさんの実家ルーイ県へ。約1週間ほど行ってきます!
ホームさんに昨日、子育ての話を聞く機会がありました。
子供が抱っこー!とせがんできて親が疲れたり、
生後数か月の頃夜泣きで泣き止まなかったり。そんな親の体が
しんどいとき、どう乗り越えてきた?と聞いてみました。元おぼうさんの
ホームさんの答えは!?

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

応援やサポートをいただくたびに、これからも翻訳や執筆を続けていこう!と励まされています。

今日も励みになります!
16

浦崎雅代(Urasaki Masayo)

翻訳家。タイ仏教(主に森の寺スカトー寺関連)の説法を翻訳して毎日お届け。(お坊様方からは邦訳許可、及び翻訳料としてnote収益を一部頂くことを了解済)タイ東北部ウィリヤダンマ・アシュラムに家族で移住。カンポン・トーンブンヌム『いのちの最後の授業』(サンガ)を翻訳出版ほか。

コメント3件

いいお話を、今日もありがとうございました(╹◡╹)♡ 子育てのお話ですが、(子供のいない自分の)自分育てや、人間関係の対応にも応用できるなーと、感動して拝聴いたしました💖 ホームさんと浦先さんの子育てサウンド、次回も楽しみにしています。
5日間みる!なるほどー!無常の仕組みを理解すればこそ!ですねー。
>せおりさん、ありがとうございます。そうですね、子育てに限らず応用できそうですね。子育てネタもまた音声でお届けしていきますね。>Yokoteさん、ちょっと荒療治的な感じですが、自分を鍛えるぞ!の彼なりの方便のようです(笑)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。