カムキエン師の「知らないを知るに変える」(11)脳を使わずに、知識をふやす


 カムキエン・スワンノー師。

 タイの森の寺、スカトー寺の先代住職さんで

 4年前に亡くなられましたが

 今でも彼を尊敬する人は多く

 お弟子さんたちも各地で活躍されています。
 
 森や動物たちを愛し、自然保護の活動に

 尽力されたカムキエン師。

 その根底には、確かな瞑想修行がありました。

 今年8月に出版された

 カムキエン師の説法ポイントを集めた本

 プリアン・ロン・ペン・ルー

 (「知らない」を「知る」に変える)

 を少しずつ訳しています。

11日目の今日のタイトルは

「脳を使わずに、知識をふやす」

 としました。

 本当はタイ語の本にかいてあるタイトルは

 別のフレーズなのですが

 このタイトルにしてみました。


 カムキエン師の記事は、人気があるので

 この記事は単品100円でも買えるように

 設定いたします。


 脳を使わずに、知識を増やすとは

 一体どういうことなのでしょう?
 

この続きをみるには

この続き:1,368文字
記事を購入する

カムキエン師の「知らないを知るに変える」(11)脳を使わずに、知識をふやす

浦崎雅代(Urasaki Masayo)

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

応援やサポートをいただくたびに、これからも翻訳や執筆を続けていこう!と励まされています。

🙏🙏🙏
18

月刊:浦崎雅代のタイの空(Faa)に見守られて

タイ仏教、主に森の寺スカトー寺住職パイサーン・ウィサーロ師の説法を中心にタイ語から翻訳。東北タイ、カオヤイに住む浦崎がお届けします。

コメント2件

カンポンさんの上海での瞑想会ご説法を思い出しました。
「疑問は、思考なんです。思考はあてになりません。~
修行は、答えしかないんです。~略~
あの人が言ったから、わかるのではありません。」
同じなんですねー!
はい!まさに。師の実践にまなび、まさにご自身の言葉で語ってくださいました!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。