カムキエン師の「法の旅」~修行することで、病気が治るんですか?(後編)~


タイ東北部、チャイヤプーム県にある森の寺

スカトー寺。

その先代住職である故カムキエン師は

気づきの瞑想指導者としても、また

開発僧という社会貢献に従事された僧としても

素晴らしい働きをなさいました。

師が海外でお話しされた時の抜粋本

「法の旅(タンマ・ドゥンターン)」

今日も、中国で瞑想指導をされたときの説法です!

今日は

「修行することで、病気が治るんですか?」

という内容の後編です。

 法は心を治療するもの。

 それは、生老病死を超えるということ。
 
前編では、こうしたお話がされました。

そのためにはどのような実践が大事か

今日も惜しみなく教えを伝えてくださっています!

この続きをみるには

この続き:1,124文字
記事を購入する

カムキエン師の「法の旅」~修行することで、病気が治るんですか?(後編)~

浦崎雅代(Urasaki Masayo)

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

応援やサポートをいただくたびに、これからも翻訳や執筆を続けていこう!と励まされています。

ขอบคุณค่ะ (コープクン・カ)ありがとうございます
10

月刊:浦崎雅代のタイの空(Faa)に見守られて

タイ仏教、主に森の寺スカトー寺住職パイサーン・ウィサーロ師の説法を中心にタイ語から翻訳。東北タイ、カオヤイに住む浦崎がお届けします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。