見出し画像

サンティポン師の説法~日本からの修行者との対話(1)同じ状態に保ち続けようとすること、それは苦しみ



タイ仏教に関する説法を
日々少しずつ訳しています。

今日から訳す説法は
このnoteでははじめて登場するお坊さま
サンティポン・ケーマパンヨー師(トゥム師)です。

サンティポン師も
先月、日本へご案内したお坊さまの一人で
スティサート師と一緒に瞑想指導を
してくださいました。

サンティポン師は、僧籍16年。
お坊さんになる前は、建築家として
数々のすばらしい仕事をなさっておられました。

40歳をすぎてスカトー寺でカムキエン師に出会い
人生が一変!

修行の道に入られ、
修行を積まれると同時に、環境保護活動
子供たちへの教育活動なども熱心になさっています。

いつも朗らかな笑顔の
サンティポン師。

この説法は、先日日本から
Mさんという方がアシュラムに瞑想修行に
こられていたときのお話を訳します。


はるばる日本からやってこられたMさん。
アシュラムについた初日に彼をねぎらって、
どんな説法が
展開されるでしょうか。

今日の部分のタイトルは

 「同じ状態に保ち続けようとすること、
  それは苦しみ」

としました。

一緒にアシュラムまで訪れた気持ちで
読んでくださると嬉しいです。

この記事は、継続有料マガジン
「月刊:浦崎雅代のタイの空(Faa)に見守られて」
内の記事で、継続購読すると月500円で読めます。
単品で100円でも読めますが
毎日アップしていきますので
継続購読がお得です。
もしよかったら、こちらのマガジンをご購読
よろしくお願いします!

この続きをみるには

この続き:2,777文字
記事を購入する

サンティポン師の説法~日本からの修行者との対話(1)同じ状態に保ち続けようとすること、それは苦しみ

浦崎雅代(Urasaki Masayo)

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

応援やサポートをいただくたびに、これからも翻訳や執筆を続けていこう!と励まされています。

ขอบคุณค่ะ (コープクン・カ)ありがとうございます
17

浦崎雅代(Urasaki Masayo)

翻訳家。タイ仏教(主に森の寺スカトー寺関連)の説法を翻訳して毎日お届け。(お坊様方からは邦訳許可、及び翻訳料としてnote収益を一部頂くことを了解済)タイ東北部ウィリヤダンマ・アシュラムに家族で移住。カンポン・トーンブンヌム『いのちの最後の授業』(サンガ)を翻訳出版ほか。

月刊:浦崎雅代のタイの空(Faa)に見守られて

タイ仏教、主に森の寺スカトー寺住職パイサーン・ウィサーロ師の説法を中心にタイ語から翻訳。東北タイ、カオヤイに住む浦崎がお届けします。

コメント2件

変化してないように見える石も、変化していっている、変化しないものはない。変化していないようにみえても、常に変わっていっているという事実、再確認しました!ありがとうございました!
>Yokoteさん、このフレーズ私もハッとさせられました。一見変化してないように見えても、少しずつ少しずつ確実に変化している。いつもこちらこそコメントありがとうございます!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。