嬉野雅道

『水曜どうでしょう』カメラ担当ディレクター(HTB 北海道テレビ放送)。うれしーとも呼ばれています。noteには、毎日「言葉の切れはし」を置いていくことにします。著書に『ひらあやまり』『ぬかよろこび』(KADOKAWA)、共著に『腹を割って話した』(イースト・プレス)など。

「ののしり合いの起点」嬉野さんの言葉の切れはし#170

大泉さんと藤村さんも二人きりの時にはね、そんなに「ののしり合う」ことはないですよ。
--嬉野雅道
--------------------------
大泉さんと藤村さんも二人きりの時にはね、そんなに「ののしり合う」ことはないですよ。とにかく一人は、誰かそばにいる。これが、ののしり合いの最低条件みたいですね。

でもまぁね、あの二人のあれが始まりますとね、私もミスターも割りに早く黙るんでね、私たち

もっとみる

「弱肉強食はつまらない」嬉野さんの言葉の切れはし#169

人間は、強い物が弱い者に勝つという自然がやりきれないから、社会というものを作ったんじゃないでしょうかねぇ。
--嬉野雅道
--------------------------
自然というのは本来、弱肉強食だから、我々も社会で生き残るためには食われないようにしなければとかね、能力主義であるとかね、自然淘汰ですとかね、いろいろ渡世の教訓のように言われる方もおられますが、でも「本当にそうでしょうか」と私

もっとみる

「うれしーの珈琲」販売中!

「うれしーの珈琲」ただいま販売中です!
次の販売開始日は、

6/24(月)、7/1(月)、7/7(日)

です。

水出しコーヒーのみ、販売開始日から200個限定販売です。
お買いものはこちらのショップからどうぞ!

コーヒー、そのほかの詳しい内容は、こちらでご紹介しています。

「観察は愛に通ず」嬉野さんの言葉の切れはし#168

熱心にひとつのものを観察するということはね、どうやら愛に通じるきっかけになるようですね。
--嬉野雅道
--------------------------
あれも夏でしたね。ある時ね、ひょいとベンチの背もたれの上に目をやりましたらね、小さいやつがいましたね。
尺取虫というやつですね。
じっさい「尺」という形を自らの肉体で作りながら彼は前進してましたね。それはそれは、とても根気の要る前進でしたが彼

もっとみる

「ここではない世界」嬉野さんの言葉の切れはし#167

ぼくらは、ぼくらが分け入ることの出来ない、もやもやとした、説明の付かない、ここではない、もうひとつの世界のあることを、ひょっとしたら、まだまだ必要としているのかもしれないですよね。
--嬉野雅道
--------------------------
きっとぼくらは、自分たちにとって本当に大切な物が何であるのかを、実は、よく知っているのかもしれませんね。
それだけは、ハッキリ言っても好いような気がし

もっとみる