男性の産後うつがこれから増えるかも、、、

こんにちは。

昨日は女性の社会進出はまだまだ浸透していないとは言え
結構進んでいますが、
男性の育児、子育ては全然浸透していないという話を書かせてもらいました。

昔は、
男性:仕事
女性:家事+育児
だったのが、

今は、
男性:仕事
女性:仕事+家事+育児

本来は、
男性:仕事+家事+育児
女性:仕事+家事+育児

という話をしました。


確かにそうです。

でも会社はそうじゃない!

男性:仕事
女性:家事+育児

という価値観のまま変わっていません。

・残業が当たり前(定時に帰れない)
・飲み会に出ないといけない
・接待に夜遅くまで付き合わないといけない
・休日も出社しなければいけない
など、とにかく会社に取られる時間が多い!!

しかし、一旦会社の外を出てしまえば
男性が子育てに参加するのが当たり前の風潮、、、
疲れて仕事から返って来ても、
「疲れているから無理」
は言いづらいものですよね。

結局、会社に夜遅くまで残って頑張って、
家に帰っても深夜まで育児をする。

休み時間も無く疲れが溜まっていく一方で
(母親だって休みたいですからね)
心を壊してしまう、、、男性の産後うつですね。

政府もこのような世間と会社のギャップを埋めるため
育休の制度を作ったり、所定外労働制限の制度を作ったり
頑張ってくれています。

でも、まだまだ浸透していないのが現状ですね。

育休取得率もそうですが、
男性も育児に参加できるような環境がもっと整うようになればいいですね。

そのためにはこれから育児を始める若い世代が
勇気を出して育休を取ったり、早く帰ったり
頑張るしか無いかなと思いますね。

私達で世の中を変えていきましょう!!!


一人でも多くの男性が育休を取り、

子供との時間が作れる事を願って

隼人

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

隼人@育休中

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。