旅立つ母に、母の好きな曲を

母が大好きだった曲は、80日間世界一周のテーマ。小さいころ、その曲が鳴る目覚まし時計を見つけ、毎日嬉しそうに起きていた。

今、母は深く眠っていて、その曲をかけても起きないけど、聞こえているよね…?

昨日ぐらいから、食事はできてはいるけど、何を食べても味がしない。おいしいとかもよくわからない。

不思議な感覚は、それだけじゃない。

退院して自宅へ連れて帰ってきたのはほんの1カ月前なのに、すごく昔の出来事のように感じる一方で、昔の出来事が昨日のことのように感じたりする。さらに、この3カ月間がもう3年ぐらい経っているかのように感じたり、毎日は朝からあっという間で、いつも速攻で夕方になってる。

バーチャルリアリティのゴーグルを頻繁にかけたり、はずしたりしているような感じとでも言おうか…。

何もかもが、夢のように感じるけど、実はこの3カ月間、スーパーリアルな世界に毎日いる。

今、この瞬間突きつけられた逃れられない、後回しにできない現実を真っ向から生きている。私のノートのURL、u r here =You are here. は、そこに由来する。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

ひとりっ子

海外在住ひとりっ子 母の介護

40代ひとりっ子の介護日記です。子宮頸癌末期の母を、ひとり自宅で介護しています。毎日、母の激しい痛みと戦っています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。