チョコ会主催の楽しみと開催方法

こんにちは、うさこです。

ベルギーのチョコ旅で買ったチョコの紹介を一通り終えたので、都内のホソミーファクトリーさんの一角をお借りし、チョコレートのテイスティング会を行いました。いわゆる「チョコ会」です。

持って行ったのは18種のタブレットチョコレートと、オランジェットなどチョコ掛けフルーツ3種。

並べるとなかなかに圧巻ですね。自宅で一人テイスティングするときは順番に開けるのであまり意識していなかったんですが、私こんなにいろいろ買い込んでたんですね…。どうりで野菜室が一杯になるはずです。

今回はカカオまみれのディープなチョコ好きさんにお声がけしたので、いつも以上に会話が活発に飛び交う濃度の高い会になり、とても楽しいとなりました!でもこれって、会のテーマと集まるメンバーに寄るんですよね。

こうした会をやってみたい!でもどうしたら楽しい会になるのか知りたい!という方向けに、今日は個人的にチョコ会の開催の流れなどについてまとめてみます。

1.チョコ会の目的を決める

まずはこれがないと始まりません。会の目的は大別すると2つ。

・チョコに関する意見交換を楽しむ
・チョコ好きの仲間を増やす

この2つ、ん?目的一緒じゃない?と思われそうですが、意外とそうでもないのです。実際に会を主催をするとわかりやすいのですが、オフ会っていろんな人が来ます。

両方を目的とする人もいれば、他の方の感想を聞くことでチョコレートに関する新たな発見欲しいと言う人、チョコはきっかけで友達が欲しい人、中には単にチョコ食べられれば良い、と言う人まで本当にいろいろ。自分がどちらに比重を置くかで、あるステップが変わります。

2.開催場所を確保する

どこでやるか。場所や費用など検討します。

不便な場所や会場費が高ければ参加希望者が減りますが、かといって安ければ良いとも言えません。レンタル会議室やカフェの場所貸しなど調べて、ほどほどのところを押さえます。見落としがちなのは次の点。

・飲食物持込みか可能かどうか
・キャンセルや時間超過の際の費用など

レンタル会議室の中には臭い等の観点から「飲食物持込み禁止」の場所もあるので利用条件をよく確認しましょう。良い会場は早めに押さえられてしまうので早めに確保がおススメですが、開催がはっきりするまではキャンセルの可能性もありますので後で泣かないように。

あと、ゴミは原則持ち帰りの会場が多いです。ゴミ処理費用を払うと対応してくれるところもあるので、必要に応じて検討しましょう。お菓子の食べ比べでも意外にゴミって出るんですよ。

3.参加者を募る

やっと参加者募集です。チョコ会に限らずいろんなオフ会やってきましたが、会の楽しさはこれにかかっていると言ってもいいです。ここで「1.チョコ会の目的を決める」にあった次のポイントが重要になります。  

意見交換に主眼を置く場合は、参加する方のパーソナリティの絞り込みがポイントです。チョコレートが好き!と言っても「好き」の濃度は個人差があるので、あまりに違うと「会話に参加する人」「会話を眺めるだけの人」にばくっと分かれてしまいがち。

主催者としては、あの人楽しめてるかな?とか心配になったり、参加側もイマイチ楽しめなかった…というモヤモヤが残ったりしがちなので、あるテーマに沿って会話を楽しみたいという時は、参加者層の一定にするため、「参加条件を付けて公募する」あるいは「個別に声をかける」のいずれかが良いと思います。

仲間を増やしたい!と言う場合はシンプルです。「このチョコ食べたい人集まれー!」と声をかけるといろんな友達を作りたいなーという人が興味持ってくるので割と人が集まりやすいです。会の前に先立って、いずれこんな会がやりたいな~と言っておくと比較的参加率が高くなります。

デメリットは、いろんな人が集まるので深い会話が生まれにくかったり、中にはチョコだけ食べられれば良い、みたいなマイペースな人が来ることもある、というところですね。

チョコ会主催者の本音と悩み

本音と言うか悩みと言うか。これまでいろんな会を主催してきた経験から、楽しいことばかりではないことをちょっと書き留めておきます。

一番困るのが当日連絡なしにドタキャンする人。来ない人を待って会の始まりが遅れたり、主催がその人の分の費用を負担せざるをえないケース。あまり面識のない方が来るときは、そういうリスクを考慮する必要があります。

消極的な参加者の対応。これは主催者にも寄りますが、個人的にはキツイです。誰とも話そうとしない。話を振っても、ええ、はい。くらいしか返ってこないと、うぅ…楽しめてるのかな…?とものすごく気を遣うんですね。

誤解されがちですが、人の話を聞くのが好きな方は好まれます。口数は少なくても、うんうんと相槌をうったり、笑ったりしている人は、楽しめてるんだなと安心する。そうではなく終始シーンとしている人は、な、なぜここに来たのだろう…とハラハラしてしまいます。

主催者も参加者の一人です。もちろん好でやるのですが、積極的に楽しもう!という気持ちを持ってもらえると嬉しいなぁと言うのが本音。「私はお客さん。楽しませてください。」と言う姿勢だとやっぱりちょっと悲しいです。

この他、参加者が集まらない、行きたいのに条件が合わないという不満、声がかからなかった!という非難など、募集についても悩みはいろいろあるのですが、会を主催するのはあなたです。あなたが決めていいんです!と声を大にして言います。ここはある種の割切ほんと大事。無理をすると二度とやる気が起こらなくなりますからね…。

ここまで読むと、えーそんなに大変ならやめようかな…と言う方も出てきそうですが、みんなが楽しかったね!というにはそれなりの準備や心構えが必要になるのは当たり前。そうしたことをクリアしながら、いろんなイベントは開催されているのです。

でもやっぱりチョコ会は楽しい!

脅しておいてなんですが、やっぱりチョコ好きな人達が集まって、いろんなチョコレートの話をするのは楽しい!チョコ仲間も増えます。2~3時間があっという間!そのくらい「好き」を軸にした集まりは楽しい!!

また、こういった会を主催していると、逆にいろんなところから声をかけてもらう機会も増えたりするんですよね。そういえばあの人なんか面白そうだからちょっと声かけてみようかな?と思うのは自ら発信する機会が多い人。あと、主催者を経験している人は上記の不安が少ないので安心して声をかけられるという部分もあります。

もし、チョコ会をやってみたいと思ったら、まずは仲良くしている友人知人で小さな会をやってみてはいかがでしょうか。そこから少しずつ楽しみの範囲を広げていくと、チョコレートの楽しみ方がもっと豊かになるんじゃないかなあと考える「社交的な人見知り」のチョコ会主催者でした。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

愉しんで頂けたら幸いです。どうぞ素敵なnoteライフを!

感動を覚えるチョコにあうとしみじみ生きてて良かった!て思います
29

うさこ (@usakochocolat)

面白いnoteやnoterさんを日々探すnoteソムリエ。東京生まれ岩手在住。チョコの楽しみを伝えるショコラエヴァンジェリスト。チョコレートのレビューと、岩手の美味しいものをnoteで紹介しています。ドライブ🚗&お茶っこ☕で日々の暮らしに楽しみを。書くことが好きです。

#イベント 記事まとめ

様々なイベントの記事をまとめたマガジンです。 #notemeetup , #イベント
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。