【チョコレビュー】David Capy / タブレット コンフィチュール ドゥ レ スペキュロス

独断によるチョコレビューです。

ヴァローナ社がホワイトチョコレートを作る際、ちょっとしたアクシデントから生まれたブロンドチョコレート(デュルセイ)。焦がしキャラメルのような風味をもつブロンドとくれば、まさにその時代ヴァローナにいたカピィ氏の出番です。

タブレット コンフィチュール ドゥ レ スペキュロス

2,700円/120g

キャラメル色の甘やかな見た目。開封直後から甘い香りが漂います。シンプルなモールドは定番ですが、今年は片面にスペキュロスが散りばめられています。割るとボロッと行くので気を付けて。

中にもスペキュロスが練り込まれているとの話でしたが、スパイス感は控えめ。表面に散らされた、ほんのりとシナモン等が香るスペキュロスがサクサクとした食感を与えます。塩気も少し感じるかな。

ついザクザク噛み締めたくなりますが、舌にのせてゆっくりと味わうと、ミルクの上品な香りがふんわり。あま~いキャラメルですが、最初のインパクトは強いものの、次第にゆっくりと消え、後味はサラリと綺麗に消える。

こちらは、昨日、今日と2回に分けてテイスティング。日頃ビターばかり食べていることもあり、昨日は美味しいけどとにかく甘い!と思ったのが、改めてじっくり味わってみたら、喉に残るようなくどさがない上質な甘みでした。これなら残りもいけるいける。

正直、しまった!自分には甘すぎたかも!タブレットの残りどうしよう…と思ったりもしたのですが、お疲れ気味の時など案外バクバクと行ってしまいそうで、これはちょっと危険なやつだと確信した次第です。

【こんな人に勝手におすすめ】
甘さにただただ癒されたい方。

#コンテンツ会議 #チョコレート #チョコ #フランス  #チョコレビュー #サロンデュショコラ #ダヴィドカピィ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

愉しんで頂けたら幸いです。どうぞ素敵なnoteライフを!

次回更新は「お茶っこラヂオ」。ブノワニアンについて語りまくります!
18

チョコレビュー

【チョコレビュー】で紹介した国内外のチョコレートの記事をまとめました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。