【チョコレビュー】Minimal / HIGH CACAO

独断によるチョコレビューです。

昨日は日付が変わる前ギリギリに更新しましたが、本日はいつも通り朝更新しますよー。引き続きのレビューです。こちらも昨日発売開始されたばかりの新作。

HIGH CACAO

1296円/内容量50g

密封式のスタイリッシュなパッケージは同じですがプロダクトノートが黒い!これはブレンドと言えど妥協を許さない本気のカカオ力(りょく)が投入されているとしか思えない色選び。わぁ、嬉しいですねぇ。

「馴染み深いカカオの風味」ときたら、チョコマニアを突き抜けてカカオマニアに足を突っ込んでる皆さんは、もうドキドキが止まらないと思われます。ローストは深め。香ばしさと苦みを引き出したとのこと。鼻を近づけると落ち着いた深みのある良い香り。

え…苦くない!いや、ほろ苦さも感じることは感じるのですが、驚くほどのフルーツ感がそれを凌駕し、ベリー系の爽やかな甘酸っぱさがパーンと弾けます。なんてフレッシュなチョコレートなんでしょう!すごい…。

食べる前は「ナッツの香ばしさとカカオの苦味」とあったので、コーヒーのマンデリンのような、どっしり落ち着いた味わいを想定していたのですが、全く異なる、もぎたての果実のようなフルーツ感にびっくり!

粗挽きのカカオの食感はノート通りまさにローストナッツ。旨みが濃いのにすっきりとした味わいで、こんなに軽やかな80%は初めて。ハイカカオチョコの概念が覆るようなチョコレートです。素晴らしい!

深煎りにすると酸味は押さえられ、焙煎香を感じるパターンが多いのですが、ここまでフレッシュな酸味を感じる深煎りが可能なんですね。こちらはコンチングなし。ジューシーなチョコレートとザクザクとした食感の楽しさ。ドライフルーツ入りのシリアルを食べているかのよう。

テクスチャは違いますが、ブノワニアンの「ハシエンダヴィクトリア」や、エリタージュの「ベンチェ70%」を思わせるような、フルーティでパワフルなチョコレートですね。ブレンドでもここまでカカオの個性を引き出せるんだなぁ…。

実のところ、私はコンチング時間が長い、くちどけの滑らかなチョコレートが好みで、デセールを頂きに本店にはちょいちょい行くものの、ミニマルのチョコはその特徴であるザクザクがネックで少しご無沙汰しておりました。

ところが最近、随分と意欲的に新しいラインを発表しているとあって、久々に訪ねたら!基本のスタイルは変わらないものの、まず開封直後の香りの立ち方から迫力が違う。素晴らしいショコラトリーに進化していたんだなぁ…と一チョコレートファンとして嬉しく思いました。

【こんな人に勝手におすすめ】
ハイカカオは苦いだけと思っている方。

(富ヶ谷本店)
営業時間:11:30〜19:00(定休日なし)

#コンテンツ会議 #チョコレート #チョコ #チョコレビュー #ビーントゥバー #ミニマルチョコレート


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

愉しんで頂けたら幸いです。どうぞ素敵なnoteライフを!

NO Chocolate, NO LIFE!ヾ(*゚▽゚)ノ 🍫
22

チョコレビュー

【チョコレビュー】で紹介した国内外のチョコレートの記事をまとめました。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。