第一話 生ける玉座

 玉座が燃えている。

 黒煙をあげる炎が玉座を燃やす。焼かれた屍体が絨毯となって広がる玉座の間には、焦げた死肉の煤と、むせ返るような死肉の焼ける臭いが充満し、そして新たな戦いで飛び散った鮮血と臓物が無造作に積み重なる。
 今や王城にかつての栄華は微塵もない。焼け焦げた廃城の石壁は瓦礫と化し、崩れた天井から覗く空からは、しとしとと血の雨が降る。

 燃える玉座には誰もいない。その無人となった玉座の前に、一人の騎士が近づく。
 まだ小刻みに動いていた肉塊をグレートメイスですり潰しながら、騎士は虚空を仰ぎ、玉座の前で膝をつく。
 膝から崩れ落ちた〈鉄の騎士〉を、血の雨が赤く染める。面頬の閉じた騎士の兜《マクシミリアン・ヘルム》は殴打痕に歪み、傷だらけの紋章が刻まれた甲冑は黒く焼け焦げ、手に握る血塗れのグレートメイスには、真新しい肉片と臓物がこびりついている。
 膝をつく〈鉄の騎士〉は息も絶え絶えで上体を起こすと、玉座を見上げた。玉座は燃えている。そして兜の覗き穴の先、燃える玉座の向こうに、〈影の女王〉の姿が揺らめく。
 どこからか、血に濡れた足音が聞こえてくる。〈影の女王〉とは別のそれを確かめようと〈鉄の騎士〉は頭《かぶり》を振る。しかしその姿を捉える前に、〈鉄の騎士〉の眼前に鋭利な鎧通し《メイル・ダガー》が煌めき、そしてその刃が眼球を刺し貫いた。
 声にならない悲鳴が兜の中にこだまする。血塗れの面頬をかき毟る〈鉄の騎士〉の兜の覗き穴から、鮮血が虚しく噴き出る。
 悶絶する騎士に呼応したかのように、玉座を燃やす炎が一際大きく燃え盛る。それはまるで生きているかのように蠢き、そして目を潰されもがき苦しむ〈鉄の騎士〉の頭上に降り注いだ。

 かつて、〈呪いの雨〉とも〈祝福の雨〉とも呼ばれた未曾有の力の暴走により、ある王国が滅びた。王侯貴族も平民も、人々は老若男女等しく焼かれ、そして死に絶えた。
 だが神の気まぐれか、運命のいたずらか、それとも単なる偶然か、焼かれてもなお死なぬ者たちがいた。
 彼らは光に群がる羽虫のように、燃える王城の玉座を目指す──ある者は力を、ある者は復讐を、ある者は運命を求めて──火の魅せる幻想に踊るように。
 焼かれた玉座に座る者は待ち続ける。血の雨が炎の罪を清める瞬間を。
 炎をまとい、血を流す玉座。無数の死により築かれたその玉座は、生きている。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

寸陳ホウセ

趣味で小説を書いてます。 歴史もの、戦記ものが好き。銃やら甲冑が好き。総じて暗い話、悲劇が好き。でもドンパチ賑やかなのも好き。 殺傷能力の高い文章、読み手の心に爪痕を残せるような物語を書きたい。 物騒なことばかり書いてますが、気軽にお読み頂ければ幸いです。

【小説】生ける玉座と焼かれた者たち

【あらすじ】 〈呪いの火〉、もしくは〈祝福の火〉と呼ばれた尋常ならざる力の暴走により、一つの王国が滅んだ。 火は全てを焼き尽くしたが、しかし何かの呪いか、それとも神の気まぐれか、焼かれてもなお死なぬ者たちがいた。 焼かれた者たちは、やがて王の玉座に集う。 燃える玉座に...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。