「ひとの安心をつくる」技術


少し前に、大切な友だちを、とある先生に紹介することになった。


ぼくには、自分の大切なひとが心を病んだとき、絶対にこのひとに診てもらいたいな!と絶対の信頼を寄せているドクターがいる。だけど、その先生は普段は、ぼくらの母校である地方の大学病院にいるので、数年前ぼくが上京してきてから、こっちで仲良くなったひとを診てもらうことができない。それで、すごく困っていた。

そのことを相談してみたら、関東にいるそのドクターの「お師匠さん」を紹介してもらえることになった。

それで、その友だちが「お師匠さん」であるK先生のもとに訪れるのに、同席させてもらった。とくに何かができるわけではないが、「友だち」としてその場に同席したかった。

そこで、友だちとそのお師匠さんとのやりとりをみて、ぼくは、「安心をつくる」ということについて、深く考えさせられた。


K先生は「安心」そのものだった。

ジェントルな佇まい。

挨拶のときの落ち着いたロートーンボイス。

ゆったりとしたピッチ。

話の端々から誠実さと豊富な経験をにじませる先生は、ひたすらに「安心」だった。


友だちが、凄惨な過去の体験を語る。


そこでK先生は、彼女の話している様子を頷きながら聴きつつ、

「今、一生懸命はなしてくれたけど、大丈夫?」

「いま、辛い話はできる?」

とやさしく声をかけた。


ああ、真に「ひとの話を聴く」っていうのは、こういうことなのだな。

彼女は、おそらくほとんど他人に話したことがないであろう、心の奥底の深くて辛い話を、一生懸命に語った。

彼女が話しきったあとに、先生は

「大事な話をしていただいて、ありがとうございました。」

とお礼をした。


そして、彼女のこれまでの人生についてを肯定し、受容した。

ぼくは先生の一連のふるまいに、ひそかに、衝撃を受けていた。


だれかの「安心をつくる」というのは、技術だとつくづく思う。

コミュニティをつくるにあたって、一番最初に必要なのはメンバーの「安心・安全の確保である」と、コルクラボで学んだ。

(WE ARE LONELY BUT NOT ALONEより)

ひとがひとと関係をつくっていく上での基盤になるのも、この「安心を設計する技術」だとおもう。

恋愛だって同じだ。


「このひとは、決してわたしを傷つけない、否定しない」という「心の安全」を確保した上で、そのひとのふるまいから人間性がイメージできてはじめて、「安心」できる。

そうなると、「先のことはわからないけど、このひとに身を委ねてみたい」という「信頼」に変わる。

「安全」→「安心」→「信頼」の順。


そして、ひとは誰かを信頼することを通して、予想できないことに挑戦したり、行動を変えたり、より遠くにジャンプすることができる。ひとりでは到達できない場所にも行けるし、ひとりでは得られないさまざまなものを得ることができる。


だから、「ひとの安心をつくる」という技術は、「医療」の文脈にも、「コミュニティ」の文脈にも、ひとが「幸せになる」という文脈にも共通する、超汎用的でウルトラ重要なコアスキルだとおもう。


見た目。年齢。体型や体格。態度。話すスピードやトーン、内容。受け答え。知識と経験。動き方、ふるまい。思想。そのすべてが、「そのひとに安心を感じ、信頼に足りるか」の判断材料になる。


まさに、なんでもありの「総合格闘技」だ。
いや、「総合芸術」に近いかもしれない。身につけてきたあらゆる知識や手段を用いて、ひとの心を開き、変化する基盤をつくる技術。


これがとんでもなく趣深くて、もうまったく飽きない。
まだあと10年くらいは、突き詰めていきたいんだよね。



じゃ、またね。



そうそう、サクちゃんと、「自己肯定感とはなんだろうね?」と語りあうマガジン「月刊・自己肯定感」もやっています。
有料であるってことが、書いてるほうの心の安心の確保につながっていると感じます。これも「安心をつくる技術」だよね。サービスをつくるひとは、すでにそういう技法をいっぱいもっているんだろうな。そういうのを、ラーニングしていきたい所存。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつも読んでくれてありがとうございます。 文章を読んでもらって、サポートをいただけることは本当に嬉しいです。

うれしいです!
200

Dr. ゆうすけ

「安心の居場所」「コミュニティ」

自己肯定感の源泉となる「安心の居場所」や、幸福の手段としての「コミュニティ」について。 競争で勝利することや、成功を追いつづけることが幸せに決してつながらないことに多くのひとが気づきだしている中で、幸せになる手段としてのコミュニティや、それをつくるために必要な幸福論・哲学...
3つのマガジンに含まれています

コメント9件

Dr.ゆうすけさま
ご返信をありがとうございます。
私は単独ケアマネジャーの事務所と同時に地域活動のお手伝いを担わせていただいています。
参考になるかわかりませんが、サイトアドレスを添付させていただきます。
http://r.goope.jp/empowerment

引用させていただきたいのは、Dr.ゆうすけ様の文言です。
お手数をおかけしますが、もしダメであれば、教えてください。
empowerment0210 さま
ありがとうございます。
ぜひお使いください。
N.Iさん
ありがとうございます。
「このひとと一緒にいても傷つかない」という確信を持って、はじめて進むコミュニケーションがありますよね。
Dr.ゆうすけさま
ありがとうございます^ ^
不安定な社会だからこそ、原点回帰で地域に戻り、コミュニティサイトとリアルな対面の両面から、『恩送り』の仕組みを創りたいと試行錯誤しています。
その第一歩である『安心の確保』の中で、引用させていただきます。
たくさんの感謝を込めて☆
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。