見出し画像

公募ガイドを買った

この間1月29日で25才になった。29日は大安で宝くじとロトを運試しにと買った。ほぼ宝くじを買うのが初めてだったので折角だからと、3千円でいろんな種類の宝くじを買った、ナンバーズ、ロト6とロト7とスクラッチと宝くじ、それぞれ少しずつ買った。

結果を待つ日々は思いのほかとても楽しかった。クジを少しずつ買ったので毎日が抽選日になっていた。会社でいやなことがあっても、家に帰った頃にはクジの投票結果がわかる。ちょっとした日々の楽しみになった。

そして、宝くじが当たった。

1200円。(ロト6+宝くじ1枚)

チーン、しっかり負けました。

でも今回の件で大切なことがわかった。『宝くじは買わないと当たらない、買わないとハズレも出来ない。』という事。

私は20歳の頃から公募ガイドをちょこちょこ買っているものの、応募したのは2回だけ…応募するジャンル的に(絵とか漫画とか…)制作に時間がかかるという理由は、全然言い訳にならない。応募して落選するのがいやだなんて、そのくせ成功してる人を見て羨むなんて、応募してない私には羨ましいとも言えない。

だから公募ガイドを買った。
入選するために、応募する為に。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

是非今後の活動に役立てていきます! リアクションいただけるたびに幸せをもらっています! いつも本当にありがとうございます。

ありがとうございます!幸せです!
1

あいのうそこ

山形在住イラストレーター兼パートタイマー!在宅イラストレーターになるべく奮闘中!文章を書くことも大好きです。色んな方の話を読みたいし繋がっていけたらと思っています!@usokotyan

自由帳

イラストレーター、漫画家、クリエイター、何かになりたい夢見る田舎のOLの夢見がちなありのままのエッセイ日記
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。