臼井隆志のプロフィール

臼井隆志|Takashi Usui

1987年東京都生まれ。2011年慶應義塾大学総合政策学部卒業。株式会社MimicryDesignディレクター。

ワークショップデザインの手法を用い、乳幼児から中高生、ビジネスパーソンを対象とした創造性教育の場に携わっている。

児童館をアーティストの「工房」として活用するプログラム「アーティスト・イン・児童館」(2008~2015)、ワークショップを通して服を作るファッションブランド「FORM ON WORDS」(2011~2015)、伊勢丹新宿店の親子教室「ここちの森」(2016~)の企画・運営を担当。

noteでは、発達心理学や認知科学をベースとした「赤ちゃんの探索」、アートワークショップの設計について考察する「アートの探索」を連載中。著書に『意外と知らない赤ちゃんのきもち』(スマート新書)がある。

自己紹介

1987年12月31日、東京で生まれました。小学校時代は父の転勤で名古屋に暮らしていました。陸上競技部と美術部だった高校を卒業後、1年浪人して慶応義塾大学総合政策学部に入学します。

大学では社会学と発達心理学を中心に学び、卒業論文では子どもの居場所である児童館に遊びに来る中高生についてのエスノグラフィを作りました。以来、子どもたちの学びの場に関心をもっています。

家族

2016年9月に結婚、2018年7月に娘が生まれ、現在は妻と0歳の娘と一緒に暮らしています。約1年の育児休業を取得しました。勤め先は裁量労働制で、16時に退社し、お風呂と晩御飯はぼくが担当する!という気持ちで仕事をしています。

趣味

趣味は料理で、好きな行程は魚をくさみをぬく作業です。noteでは樋口直哉さんのTraveling Food Labのファンです。あとは読書です。ミラン・クンデラと舞城王太郎が大好きです。最近はボードゲームに興味があり、「noteボードゲーム部」に参加しています。

信念

ぼくは、子どもが真剣に探索する姿は美しいと思っています。そしてその美しさを引き出すのは、周囲の大人の「遊び心」であると考えています。

ぼくのミッションは、子どもと関わる「大人の遊び心」を枯渇させないことです。そのために、ありとあらゆる体験の場を作っていきたいと思っています。

仕事のキャリア

2008年から2014年まで「アーティスト・イン・児童館」という文化事業を東京都の助成金で運営していました。児童館という場で赤ちゃんから高校生までの子どもたちと、演劇、美術、映像、建築などのクリエイターと仕事をさせてもらいました。*現在は活動を終了しています。

2015年に伊勢丹新宿店がはじめた教育事業「cocoiku」に参加し、現在も継続中です。ワークショップの企画だけでなく、常設の遊び空間の設計、0~2歳の赤ちゃんをもつ親子教室の開設・運営、そして社員向けのファシリテーション研修など、多様な仕事をさせてもらいました。

2018年には、親子教室の開発過程でリサーチしたことを書き綴ったnote「赤ちゃんの探索」マガジンを開始します。めぐりめぐって、初の単著スマート新書『意外と知らない 赤ちゃんのきもち』が発売されるに至り、現在は執筆のお仕事もいくつかいただいています。

また同じ2018年からは、「親がファシリテーターになり、家がワークショップ会場になる」という状況を目指し、0~6歳の子育て家庭を訪れてインタビューをする「子育て家庭リサーチ」を実施しています。

2019年7月からは株式会社Mimicry Designにディレクター/アートエデュケーターとしてジョインしました。BtoBから個人の創造性育成まで、さまざまな案件に関わっています。

スキルセット

①ワークショップデザイン

発達心理学・認知科学をベースに、クリエイターの発想を掛け合わせたワークショップ・デザインのスキルを持っています。子ども向けが中心ですが、大人向けにも可能です。

②ファシリテーション

ワークショップの企画だけでなく、参加者の行動を促すファシリテーションも行います。子どもと遊びながら大人向けに遊びの意味を解説するパラレルなファシリテーションが得意です。

③質的調査

大学時代にエスノグラフィを作った経験から、インタビューや参与観察のスキルを学んでいます。

==

臼井隆志 Biography

▶調査・執筆活動
・連載+書籍「意外と知らない 赤ちゃんのきもち」(2018,FROGGY、cakes、スマート新書)
・子育て家庭リサーチプロジェクト「Baby-Ba」 (2018-)
・連載「赤ちゃんの探索」マガジン       (2018-,note)

▶cocoiku by ISETAN 2015-2018
・cocoiku PARK 企画ディレクション(2018-)
・親子教室「ここちの森」開発・運営(2016-)
・cocoiku アトリエ「アニマループ」(2015-)

▶アーティスト・イン・児童館 2008~2014
・工作室リノベーション  (遠藤幹子,練馬区立石神井児童館,2013-2014)
・中高生フードラボ    (中山晴奈,練馬区立中村児童館,2013-2014)
・Y時のはなし・イン・児童館 (FAIFAI, 練馬区立光が丘なかよし児童館、練馬区立中村児童館、練馬区立東大泉児童館、2012)
・全児童自動   (Nadegata Instant Party, 練馬区立中村児童館、2012)
・きみのみらいをおしえます (山本高之, 練馬区立南田中児童館、2011)
・児童館の新住民史      (北澤潤, 練馬区立東大泉児童館、2009)
・ことばのかたち工房   (西尾美也, 練馬区立東大泉児童館、2008-2011)

▶FORM ON WORDS 2011~2014
・ワークショップ  「はじめての服作り」(食とものづくりスタジオ「FERMENT」2015)
・ファッションショー「ノーテーション」 (アーツ前橋「服の記憶」展 関連企画,2014,)
・ワークショップ  「普段着」     (丸亀市猪熊弦一郎現代美術館「拡張するファッション」展関連企画,2014)
・ファッションショー「試着」      (水戸芸術館「拡張するファッション」展関連企画,2014)
・ファッションショー「ネクスト・マーケット:ジャングルジム市場」 (アサヒ・アートスクエア,2012)
・ファッションショー「FORM ON WORDS FASHIONSHOW」   (練馬区立東大泉児童館,2011)

▶ワークショップ企画
・ミライエアートクラス 絵画教室     (2014)
・子どもあそび場ミーティング       (2012, 山口情報芸術センターYCAM「Glitch Ground」)
・学習環境デザイン工房プログラミング教室(2006-2010,情報交流センターe-とぴあ・かがわ)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。いただいたサポートは、赤ちゃんの発達や子育てについてのリサーチのための費用に使わせていただきます。

HOOOOOOOOOO!!!!!
24
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。